001.jpg
  スポンサーリンク

2015年01月29日

七つの大罪 第112話 「存在と証明」 最新ネタバレ 考察

七つの大罪

第112話 『存在と証明』
・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察
112-1.jpg


<前回>
ゴウセルとギーラの間に何が・・・?
違和感が広がっていく。。
ゴウセルの不審な行動・・・その意図は!?
 

記憶を取り戻したディアンヌはずっと後悔し、悩んでいた。
伝わっていると思っていた自分の気持ち。それを今度こそ伝えようと。
112-2.jpg

両想いの二人を羨ましがるエリザベス。
ディアンヌは、団長はエリザベスのことが好きだというが・・・。
エリザベスの脳裏にはリズのことが・・・。

そこへ、二人のもとにジールが歩いてくる。
声をかけるディアンヌだが、ジールの様子がおかしい。
112-3.jpg

遠くにゴウセルギーラが見える。
急いで二人にジールの様子がおかしいことを伝えるディアンヌとエリザベス。
しかし、ギーラはジールを覚えていなかった。。
112-5.jpg


一方で、メリオダスとマーリンが10年前に【メリオダスから奪ったもの】の話をしていた。
その真剣な会話の最中に、
『のほほほほほ・・・』と落ちてるものを食べ錯乱状態のホークが割り込む。
112-4.jpg


『これはまずいことになったぞ 団長殿。』とマーリンは言う。 
(マーリンは、ゴウセルの状況を把握した!?)


ゴウセルは心が欲しかった。
感情を理解する心が。

<互いを認め高め合う感情が友情。>
ゴウセルは、メリオダスとバンから友情を学ぼうとした。
だがそれを超える感情が『愛情』であると全力で死闘をした二人から理解した。
愛情を学習するにはギーラが好都合、だからギーラとジールの記憶を改ざんしたことを認めるゴウセル。

記憶の改ざんに猛反対するディアンヌ!!
話の埒が明かないと、団長かマーリンを連れてくるようにエリザベスに頼む。

『俺の邪魔はさせない』と、エリザベスにまで光の矢を放とうとするゴウセル。
112-6.jpg

ディアンヌが抵抗すると、これ以上の騒ぎを恐れたゴウセルは、
神器 双弓ハーリット<大停電(ブラックアウト)>を発動する!
半径3マイル以内にいる、気力400未満の全生物の思考を停止させた。

記憶とは情報であり、作ることも消すこともたやすくその先にある感情を知りたい!・・とゴウセルが攻撃を仕掛けてくる。

しかし、キングとの大切な記憶を取り戻したディアンヌは、
『大切な思いを消すことは誰にもできないんだ!!』
とゴウセルに猛反発する。

112-7.jpg


ゴウセルVSディアンヌ
記憶を改ざんしたその非道なゴウセルの行為にディアンヌが激怒!!
メリオダスとバンに次ぐ大罪同士の死闘がはじまる・・・!?


次回 第113話『啓示』に続く。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜