001.jpg
  スポンサーリンク

2015年03月04日

七つの大罪 第116話 『神器ロストヴェイン』 最新ネタバレ 考察

2015年 週刊少年マガジン第14号
第116話 『神器ロストヴェイン』
・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察
116-1.jpg


<前回>
キャメロットを攻め来る超巨獣アルビオン!!
マーリンはメリオダスに神器ロストヴェインを託す!!
神器を手にしたメリオダスの実力は・・・!?

 
 
神器を取り戻したメリオダス!!
覚醒したヘンドリクセンに匹敵する闘級を持つ、<古代兵器>巨獣アルビオンとの戦いが開始!!

メリオダスは早速神器を発動させて、攻撃を仕掛ける。
たった一太刀で、巨獣の腕をバラバラににする切れ味と早業を見て、驚きを隠せないアーサー。

アルビオンから5つの突起物が!?
マーリン:『ほう・・・ 団長殿の【全反撃】<フルカウンター>を学習したか』
5つの突起から強大な魔力を感知!
5つ同時に魔力を、ぶっ放すつもりのようだ。

あの数の魔力は団長でもさばききれない・・・とディアンヌが言いかけたその時、

え!?

116-2.jpg


メリオダスが5人に!!!?
アルビオンが魔力を開放する!
その魔力に対して、5人のメリオダスが同時に全反撃<フルカウンター>を発動させる!
116-3.jpg
116-4.jpg


メリオダス:『ありゃま 核ごと吹っ飛ばしちまったかな?』
と、巨獣の上半身を消し去ってしまった。

スレイダー:『こ・・・これが神器をもったメリオダスの真の力なの!?』


‐その頃‐
妖精王の森では・・・
キングがオスローにリオネス王国までの道(入口)を作るようにお願いしていた。
キングはジェリコにも尋ねるが、
ジェリコは、もうどうせ聖騎士じゃねーし と森に残るらしい。

その時、急激に森が成長し始める!!
驚くキングとジェリコ。
妖精王の森はこんなに早く成長しない・・・。
キング:『生命の泉は もう存在しないのに』

・・・いいえ存在します。と答える妖精のエンデ。
数年に一度あの方が森に命を与えに来てくれるとのこと。

あの方・・・
それはバンだった。
116-5.jpg


バンの貢献のおかげで、森は再び元の姿を取り戻しつつあると言うゲラード。
(ゲラードとは、先代、先々代の妖精王から仕えている者。)

バンは、自らの血を森に栄養源として与えていた。

バン:『お前が王になりゃ周りの妖精共も喜ぶんじゃねえの?』
ゲラード:『妖精の王は誰が選ぶでも まして自ら名乗るでもない 神樹に選ばれし存在』
バン:『・・・だとすれば 俺も違うぜ』

116-6.jpg

ゲラード:『お前はこの森の養分にすぎないのだから・・・!!』

(森がざわつきはじめる。。)

キングも森の様子がおかしいことに気づく。

妖精達:『妖精王(バン)様ー!! 森の外さおっかねえ化け物が〜〜〜!!!』
116-7.jpg


巨獣 襲撃!!!
迫りくる破滅の導き!!!
もう一体のアルビオンが、聖なる森を絶望の闇に沈める!!!?


次回 第117話『二人の妖精王』に続く。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐

スポンサーリンク
|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜