001.jpg
  スポンサーリンク

2015年03月16日

七つの大罪 アニメ 第22話 <君のためにできること> 最新ネタバレ 考察

七つの大罪

第二十二話「君のためにできること」
(公式サイトhttp://www.7-taizai.net/story02.htmlより抜粋)

魔神の力で復活したヘンドリクセンの手に落ちたエリザベス。
追いかけるメリオダスの前に、バンが立ちはだかる。
バンはエレインのためにメリオダスを殺さなければならないという。
一方、ディアンヌたちは、魔神化し暴走させられた新世代たちに苦戦を強いられている。
そんな中、ヘンドリクセンの前に現れたのは消えたドレファスであった。
22-1.jpg
22-2.jpg
22-3.jpg




<個人的感想+ネタバレ補足>
バンはエレインのためにメリオダスと戦うことを決めた。
暴走する新世代達・・・。
そして、エリザベスを連れ去ったヘンドリクセンの前にはドレファスが立ちはだかる・・。

 
 
メリオダスの前に現れたバン!!
その目的は、女神族の声に従い【エレインを蘇生】させるため、
メリオダスを殺すことだった。

バンはメリオダスに、魔神族かどうか問うが、
メリオダスは沈黙した後に、今はこんなことしてる場合じゃないと言い返す。

メリオダス VS バン !!
ホークは、友達としてバンを止めようと必死に説得するが・・・。
バンには友達ではなく、『豚野郎』扱いされてしまう・・・。
22-4.jpg
22-7.jpg

メリオダスは、エリザベスを助け出すことを最も最優先にしたいが、
バンにとっての最優先はエレインだった。
【メリオダスを殺せばエレインが生き返る!】

ホークは、
バンにそのことを伝えたのは女神族だということをメリオダスに伝える。
22-5.jpg
22-6.jpg


その頃、
ヘンドリクセンとエリザベスの前に現れたドレファス。
ドレファスは、エリザベスを助けに来たのだろうか・・・?
ヘンドリクセンと戦闘を開始する。
22-8.jpg
22-9.jpg


バンは、ずっと悩んでいた・・・。
エレインのいない世界は地獄で、生きている意味がない。
今のバンの行動意義は、エレインだった。
メリオダスは、自分が同じ立場ならきっとバンと同じことをするだろうと・・・言う。
22-10.jpg
22-11.jpg

・・・だが、
バンの覚悟に同意するも、・・・メリオダスはメリオダスで黙って殺されるわけにはいかなかった!!
22-12.jpg

友達のバンのやることを否定することはしないが、
バンに譲れないものがあるように、メリオダスにも譲れないものがあった!!

2人の戦闘を見守っていたホークだったが、
女神族の言葉を鵜呑みにして、メリオダスを殺そうとするバンを見てはいられない!!
22-13.jpg
22-14.jpg

ホーク:『は!そうか メリオダスもお前にとっちゃダチでも何でもね―わけか!!』

バンは、メリオダスや他の【七つの大罪】のメンバーと出会ったこと、
七つの大罪として活動することで気が紛れていたことは事実だった。・・・それでも、
バン:『・・団ちょは最高のダチさ』
   『 だが 女神族の話が本当ならエレインは生き返る・・!!』


ホーク:『・・・・』
    『嘘だったら お前は ダチも失くすんだぞ』
    
・・・と、核心をつく言葉で再びバンを説得する。

そして、
この件に関しては、エリザベスの救出が終わった後に決着をつけるとメリオダスは言う。
今は、七つの大罪の団長命令
七つの大罪として、『為すべきことを 為せ!!』とバンを説得する!
22-15.jpg
22-16.jpg
『・・・了解。』と納得したバン。
ホークに身を任せて、体力回復のために眠るメリオダス。

バン:『・・・師匠・・・ 団ちょ を頼む』
ホーク:『言われるまでもねぇ 俺はこいつの親友(ダチ)だからな!!』
ホークはメリオダスを背に、エリザベスの元へと走り出す!!!


マーガレット ビビアンの2人は、
ヘンドリクセンによって倒されたギルサンダーを介抱していた。
そこへ、バンがやって来て、その傷ついたギルサンダーをつかむ!
そして、同じく傷ついて戦っているディアンヌの方へといきなり放り投げる!!!
22-18.jpg
22-61.jpg
22-60.jpg

そして、バイゼルの時にギーラから盗んでおいた<超回復術>を使用する!!
(団長に使うことを忘れていたバンw)
22-19.jpg


キングは、親友であるヘルブラムとの再度の戦いに困惑していた。
次にバンが向かったのはキングの元。
『<七つの大罪>として為すべきことを為せ』団長命令をキングに伝えるバン!!
22-21.jpg
22-20.jpg

キングはわかっていた。
わかってはいるが、それでもためらうキングに、
ヘルブラム:『い・・いいんだ・・チ・・チミになら・・ な・・何度・・殺されても』
      『俺っちが 俺・・っちで・・ある・・うちに 殺して・・くれ』



その頃、
ジェリコの兄グスタフは意識を取り戻すが、
王都が地獄のような光景と化していたことに絶望した。
新世代が変異し暴走していることに気づくと、ジェリコを探し始める。
22-59.jpg

ジェリコを見つけたが、その暴走するジェリコに握りつぶされそうになるグスタフ。
『誰か俺を殺してくれ』 とジェリコは苦悩する。。

ディアンヌに殺してくれと頼むジェリコだが、ディアンヌはジェリコを殺したくはない・・・。
そこへ、バンが『いいぜ〜 俺が殺してやる♪』と武器を構える。

そして、キング。
親友であるヘルブラムを殺すことはできないとキングは言うが、
ヘルブラム:
『だったら!! 俺っちはチミの親友をやめる!!』

と覚悟させるようにキングに豪語する!!

・・・それを聞いたキングは決意したようだ。。


一方、エリザベス側では、
ヘンドリクセンとドレファスが激しい戦いを繰り広げていた!
ヘンドリクセンの【異様な変貌、再生能力】⇒【魔神の力】を自身の目で確認したドレファス。
・王国に混乱をもたらしたこと。
・ヘンドリクセンが変わってしまったこと。

全て自分の責任だと、ドレファスはヘンドリクセンを止めようとしていたのだ!!
22-24.jpg
22-25.jpg

そしてドレファスとヘンドリクセン 2人の強烈な魔力がぶつかりあう!!!
22-26.jpg



キング バン 2人はそれぞれ役割をまっとうする。
キングはヘルブラムを、そしてバンはジェリコを攻撃する。。
22-28.jpg
22-27.jpg
22-29.jpg

バンは、ジェリコの中の『魔』の部分を破壊し、聖騎士としてのジェリコを殺した。
キングは、霊槍シャスティフォル 第4形態<光華> で、ヘルブラムを倒す。
22-30.jpg
22-31.jpg

キング:『オイラは・・最後まで 君の親友でいられたのかな・・・』

ジェリコの暴走を止めたバン。
苦しむヘルブラムを開放したキング。


ジェリコと同じ新世代のギーラは、ゴウセルが魔力で暴走を抑えたようだ。
22-32.jpg


全員集合し、メリオダスの加勢に行くこになった!!!
(バン、キングの2人は残りの暴走する新世代の相手をしてから行く!)
22-58.jpg
(※裸のジェリコを落とすバンw)

ディアンヌ達はその途中で、ドーン・ロアーと出会う!
22-34.jpg
22-33.jpg

彼らは、他の仕事から帰ってきたばかりで、このような事態になっていたようだ。。
団長スレイダーは、個人的には大罪と戦いたいようだが、
今は王都を守ることを優先して、ゴウセル達を通した。


そして、
ドレファスとヘンドリクセンの魔力がぶつかり合い、大激突していたその場には、
なんと、その魔力の余波に巻き込まれたのか・・・
エリザベスが重傷を負ってしまう!!
22-55.jpg

それを見て動揺するドレファス。。
(布のようなもので傷を抑えるが血が止まらない。)
ヘンドリクセンに逆上し攻撃を仕掛けるも、見切られてしまい、逆に返り討ちにあってしまう。
22-35.jpg
22-62.jpg

そこへ到着した、メリオダスとホーク。。
ドレファスはヘンドリクセンの魔力で溶かされてしまったようだ・・・。
そして横たわるエリザベスを見たメリオダス。
22-36.jpg
22-37.jpg

メリオダスを見たヘンドリクセンは語り始める。
自分は森の賢者 ドルイドの生まれ。
それは、自然と女神を崇め、自然ならざる魔神を忌むべき集団
である。
初めてメリオダスと会った時から、禍々しく強大な魔力を感じ、同時に憧れていたこと。

話をしていた、その一瞬の間にメリオダスはエリザベスの元へ行き、抱き上げる。
22-39.jpg
22-40.jpg

メリオダス:『エリザベス・・・すぐに終わらせる。』
      『これが終わったら、また一緒に店やろう・・・・な?』



そう言い、エリザベスをホークに任せ、ヘンドリクセンと戦闘を開始する!!
だがヘンドリクセンは、魔力を走るホークとその背に乗るエリザベスへと放つ。
22-42.jpg

しかし、メリオダスは何も焦ってはいなかった。わかっていたようだ。
魔力に追われるホークを、到着したディアンヌが助けてくれた。
22-41.jpg

だが到着したのは、ディアンヌだけじゃない!!
ここに5人の 【七つの大罪】 が集合!!
22-43.jpg

さらに、ギルサンダー ハウザー ギーラをはじめ、
・・・王国中の聖騎士達がここに集結する!!!
22-44.jpg
22-45.jpg
22-46.jpg

<七つの大罪を捕えるのではなく、ヘンドリクセンを止めるために・・!!>

ヘンドリクセンはこの状況を楽しんでいるかのようだった。
22-47.jpg

ヘンドリクセン:『エクセレントだ <七つの大罪>!!』


それぞれが、ヘンドリクセンには強い思いがあるようだ。
キング ディアンヌ メリオダスが攻撃を仕掛けまくる!!
22-48.jpg
22-49.jpg
22-50.jpg

キング ⇒ 親友のヘルブラムを操り、利用したことが許せない。
ディアンヌ ⇒ 友達のエリザベスを傷つけたことが絶対に許せない。
メリオダス ⇒ エリザベスとの約束のために!!

バンとゴウセルは、まだ動きを見せないw
22-51.jpg

特にバンは、単独行動していたため場の状況に乗り遅れていた。
なぜ、ヘンドリクセンが魔神の力を使っているのか?・・・そのことをゴウセルに尋ねる。

ゴウセルは、バンにギーラから得た情報を伝える!
ヘンドリクセンは長年、魔神の屍体を研究していたこと。

・・・その話に気をとられたバンが、ヘンドリクセンに吹き飛ばされ壁に激突する!!
(ゴウセルは、軽やかにヘンドリクセンの攻撃を回避するw)
吹き飛ばされたその先でバンが見た物は・・!?
22-52.jpg


バンはそのものを見た瞬間から、怒りの感情を現す。
すぐさま、ヘンドリクセンのところへ戻ってきて質問するバン。
バン:『ヘンディ〜〜〜 どこでアレ見つけた?』
22-53.jpg
ヘンドリクセン:『何?』
バン:『だ〜〜か〜〜ら〜〜♪』
22-54.jpg

バン:『どこで拾ってきたかって聞いてんだよ―!!!!!!』


バンは、"アレ"を見た場所へとヘンドリクセンを吹き飛ばす!!
そして、"アレ"を目にする大罪メンバー、そしてメリオダス!!
22-57.jpg
22-56.jpg



"アレ"="赤き魔神の屍体"だった。
負傷したエリザベスは無事なのだろうか?
進行が早いため、やはり原作とは少し異なるアニメ!!
魔神の力を使うヘンドリクセンにやられてしまったドレファス。。
だがそのヘンドリクセンに猛襲をかける七つの大罪!!
ついに追いつめたか・・・!?
そこに現れた赤き魔神の屍体!?




次回 第23話『絶望降臨』へ続く。
posted by Kendama at 02:36 | Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜