001.jpg
  スポンサーリンク

2015年04月15日

七つの大罪 第122話 『魔神族の進攻』 最新ネタバレ 考察

2015年 週刊少年マガジン第20号
第122話 『魔神族の進攻』
・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察
122-1.jpg


<前回>
七つの大罪が敗北!?
強敵ガランの一閃に、崩れ落ちる大罪たち!!
<十戒>の暴威は止まらない!!

 
 

<十戒>のガランに為す術もなく敗北した大罪たち。。
果たして十戒の目的とは??


<十戒>のメンバーが語りあっていた。
122-2.jpg

十戒の女子:『封印から解放されてずっと気になってるのだけれど―-』
       『 ねぇ ゼルドリス?』


122-3.jpg

ゼルドリス:『ああ・・・三千年前、
    このブリタニアの地から豊潤に溢れ出していた魔力が枯渇している』
    『どうりで 俺たちの魔力回復に時間がかかるわけだ・・・』


122-4.jpg

十戒の男:『その魔力の為に五種族での戦が 起こったというのに 』
フラウドリン:『いや そう悲観したものでもない』

122-7.jpg

十戒の女:(会話を聞いている・・・。)

その時、この土地(エジンバラ)の採掘をしていた人間達が、
<十戒>の姿を見つけて、許可なく採掘している者たちだと勘違いする!!

人間達:『このエジンバラは良質なガラス質の石が採れるからな』
    『どうしても採掘したいってんならショバ代を払え!!』


人間達の話を無視して、フラウドリンが話の続きをする。
122-8.jpg


無視された人間が、怒鳴り声を上げようとしたその時、
会話を聞いていた十戒の女が、
瞬時に人間の前に移動し、指で「とん」っと、お腹の辺りを押す。
押された人間の口から、"魂"が出てくる!!
それを食べ、呑み込む。

続けて、十戒の男も、
もう一人の人間から魂を奪い取り、それを食べる。
少量の魔力を含んだ魂は、味が深く、
これを当面の食料にすれば、人間の駆除もでき魔力の回復ができる・・・。
まさに一石二鳥。。


この十戒の二人は、フラウドリンの言ったことをその場で確かめてみたようだ。


それを聞いた十戒の女子は、早速行動に出る!!
122-10.jpg

十戒の女子:『それじゃあ 蜜蜂たちにたっぷり蜜を集めてきてもらおうかしら・・・』
      『"召喚の輪"(サモン・リング)』

『フラウドリン この付近に人間の集落はある? それもなるべく大きな―-ね』

(どこからか(異空間?)、何か大きなものを召喚しようとしている!!)




一方で、旅にでた
ギルサンダー ハウザー グリアモールの三人組。。
122-11.jpg


グリアモールは、ベロニカとこの地へ来たことがあるようだ。
旅に出て2日目。
ベロニカのことが気になるグリアモール!
そのグリアモールをからかうハウザー!


ケンカを始めた2人を見て、
旅のメンバーがこれで正解だったのか・・・少し心配するギルサンダー!

前方に様子がおかしい行商人達を見つける。
3人は、抜け殻のようになった行商人達を街に運ぶことにした。

だがその時、街の方から悲鳴が聞こえてきた!!
向かった先では、

あの赤い魔神が呪文のようなものを唱え、
街の人たちの魂を奪っていた!!
122-12.jpg


『キャハハハハハハハハハハ!!』

と笑い声?のような声を出しながら、魂をかき集める赤い魔神に、
背後からギルサンダーが攻撃する!!
122-13.jpg

続いて、
ハウザーが"ライジングトルネード"で魔神の身体を切りきざみ、吹き飛ばす!!

大ダメージを受けてはいるが、
その倒れた魔神が口からエネルギー波?のようなものを放とうとしている!!

それを、魔神の口ごとグリアモールが
完全なる独房「パーフェクトシェル」で囲みこみ、自爆させる!!

とどめに、ギルサンダーが"雷帝の鉄槌"を放ち、
赤き魔神は消滅した。。
その時、魂はそれぞれの人間の元へと還っていった。。

意識を取り戻した人々。
街の人達は、王国聖騎士がやってきて安心するが・・・。
まだ奥に魔神の気配を感じ、全員を遠ざける!

そこへ、
姿を見せたのは赤き魔神の上位種である、灰色の魔神だった!!
122-14.jpg


ギルサンダー:『このドス黒い魔力―-・・・』
       『あの怪物化したヘンドリクセンと同じ!!』


ハウザー:『なんだか知らんがちゃっちゃと倒しちまおーぜ!!』

グリアモール:『ああ!!』


その時だった。
どこから来たのか・・・
背後から声がしてきた。

『そいつは灰色の魔神 赤い魔神と同列に考えると痛い目ではすまんぞ・・・?』
『倒すためには我ら四人 力を合わせねばならない・・・!!』


122-15.jpg




敵か味方か!?
魔の淵に沈みし聖騎士長が、今、再びその姿を現す・・・!!
混沌の渦中に現るは、なんとヘンドリクセン!!




次回 123話『償いの聖騎士長』へ続く。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜