001.jpg
  スポンサーリンク

2015年05月21日

七つの大罪 第126話 『記憶が目指す場所』 最新ネタバレ 考察

2015年 週刊少年マガジン第25号
第126話 『記憶が目指す場所』
・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察
126-1.jpg


<前回>
キングの記憶を失ったディアンヌ!!
想いあう二人の再会に、まさかの異変!!

 
 
いろいろとすれ違いがあったが、
ついにキングはディアンヌとの再会を果たす!!
しかし、・・・ディアンヌは記憶を失っていた!?

ディアンヌ:『キミは・・・誰?』

キング:『ディ・・・ディアンヌ? し・・・心臓に悪い冗談はよしてよ オイラだよキング!!』

126-3.jpg

ディアンヌ:『キング・・・ってあのキング? あはっ! やだなぁ キングはキミみたいな男の子じゃなくて〜 ヒゲの生えた太っちょの妖精さんだよ?』


126-2.jpg

キング:『それは・・・ そうなんだけど・・・』

それを見ていたメリオダス!
メリオダス:『ディアンヌ お前 寝ぼけてんのか?』

ディアンヌ:『あっ メリオダス』

「・・・・・・」
メリオダスは沈黙したままディアンヌを見る。
明らかに何かがおかしいディアンヌ。

ホーク:『あれ? お前のこと呼び捨てだったか?』

エリザベス:『だ・・・ 大丈夫ディアンヌ?』

エリザベスを見たディアンヌ!!
「ピクッ」 と反応するディアンヌ!!
エリザベスは、ケガをしているメリオダスに肩を貸しているだけ・・・。
それでも、それを見て怒ったディアンヌ!!
ディアンヌ:『ん?  ・・・誰キミ?』


ディアンヌの様子がおかしいことをマーリンに相談するメリオダス達。

マーリンは、話しやすいように自分自身の姿を幻影で作り出して話している!


詳しく話を聞いたマーリン。
126-4.jpg

おそらく頭を強打したことによる一時的な記憶障害だと判断する!


エリザベスやホークのことは忘れているのに、メリオダスのことは覚えていた。
(太っちょの時のキングも覚えている。)

メリオダス:『あいつにメリオダスなんて呼ばれたのはいつぶりかな』

ホーク:『キングも真っ青になっちゃってよー!!』

いまだ裸のままのゴウセル!
スレイダーは、そのゴウセルのために服を選んでいる!

記憶障害の話に興味があるのか・・・耳を傾けるゴウセル。
126-5.jpg





ディアンヌの横に一緒に座るキング。
二人ともどこか気まずそうだ・・・。
126-6.jpg



お互いに顔を見あうと ニコッと笑う・・・。


もじもじしたキングが、話をし始める。
キング:『オイラ・・・ね キミと再会したら必ず言おうと思ってたことがあってさ・・・』

キングの話を聞いているのか・・・
興味がないのか・・・
あるいは無視しているのか・・・


126-16.jpg

ディアンヌ:『メリオダス・・・ 早く来ないかな〜』


メリオダス・・・・?


突如、メリオダスの名前がわからなくなるディアンヌ。


七つの大罪・・・??



ディアンヌの様子がおかしい!!!
キングは急いでマーリンの元に行き、状況を説明する!!


マーリン:『記憶が消えていってる?』

キング:『そうなんだ!! さっきまではオイラの事も団長の事も認識していたのに・・・』


キングは、本当に頭を打ったことによる症状なのか疑問に感じる!!
マーリンはこの不思議な現象をおもしろがっている!!


ひとまずディアンヌの様子を診に行くことにした一同!!

しかし、そこにディアンヌの姿はなかった!!


ディアンヌの様子を見ていた騎士。
突然何かを思い出したかのように慌てて飛ぶように出ていったと説明する。


一体どこへいったのか!?
キングは慌わて始める。

そこへやって来たのは、服を着たゴウセルだった。
126-7.jpg

ゴウセル:『簡単だ リオネスで七つの大罪に入団する以前にいた場所だろう』

キング:『どういうこと? 七つの大罪に入団する以前って』

ディアンヌの "それまで" の記憶を消したこと言うゴウセル!!!
ゴウセルの魔力 消えゆく彼岸(ロストワールド)!!

ゴウセルの一言に、声を荒げるキング!!
126-8.jpg

キング:『どういうことだゴウセル・・・!! ディアンヌに何をしたー!!』



ゴウセルは説明しだす!!
感情を知りたかった俺はギーラの記憶を操作した
それをディアンヌは激しく責め・・・言った


(自分はキングとの大切な記憶を忘れていたものの取り戻した それは自分の心に深く刻まれていたから、大切な想いを消す事は誰にもできない)



キング:『(バンの言っていた事は本当だったんだ・・・ディアンヌはあの頃の事を思い出してくれたんだ)』



126-18.jpg

ゴウセル:『だから試してみた 予想通り簡単に消えたようだ やはり記憶は所詮ただの情報にすぎない』



ゴウセルの言葉にキングは怒りはじめる・・・・。
それを止めるメリオダス。



昔のことを思い出し、冷静になるキング。
(過去にディアンヌの記憶を消したこと。。)


おっさんの姿から子供の姿に戻り、
再び、ゴウセルと対話する。

キング:『・・・・・・』 
『いいや・・・ オイラにキミを責める資格はないよ』


疑問に感じるゴウセル。 『???』

キング:『でもこれだけは聞かせて・・・ キミはどんな気持ちで彼女の記憶を消したの?』



126-9.jpg

ゴウセル:『・・・気持ち? 質問の意味がわからないが? 他人の記憶を消去するのになんら必要ないだろう』

キング:『必要ない・・・か』
キングはゴウセルから顔をそむける。

ゴウセルの回答には、マーリンとスレイダーもあきれた様子だ。。

ゴウセル:『ん? どうしたなぜ怒る?』
キングの顔を覗き込むゴウセル。

それを見たスレイダーは、
スレイダー:『ゴウセル!!』


126-10.jpg

キング:『怒ってやいないよ 心底君を見損なっただけさ・・・』


そして・・・


126-11.jpg

『人の感情を弄ぶな』

キングはゴウセルを神器で殴り飛ばす!!!


キングは、みんなと合流したばかりだけど、
すぐに一人でもディアンヌを捜しに行こうとする!

が・・・すでに走り出していたメリオダス達だった!!
メリオダス:『もたもたすんなキング!! 準備をしてすぐディアンヌを追うぞ!!』

笑みを浮かべたキング。
キング:『・・・うん!!』


126-13.jpg

キング:『ディアンヌ待ってて!! キミの記憶は必ずオイラが取り戻す!!』




ディアンヌはどこにいったのか??
残飯のニオイならホークにもたどる自信があるようだが・・・。

メリオダスが行先に心当たりがあるようだ!!

ディアンヌは入団前は自分の故郷にいたらしい!!



故郷は、巨人族の里メガドーザ
126-14.jpg



キングもメリオダスも場所はわからなかったが、
マーリンは知っていた!!


マーリン:『方角はここより北 距離にして300マイル以上』 


その頃、ただひたすら走るディアンヌ!!
何か思い出しているのか。。・・泣きながら一言だけつぶやく。

『マトローナ・・・・・・』



126-15.jpg



マーリン:『エジンバラを越えた先にある』



記憶を失ったディアンヌの先には、魔神族の居城!!
待ち受けるは会ってはならない敵!!

進む先は、破滅!!
踏み入れば絶望!!!
ディアンヌを止めろ!!!




次回 七つの大罪 【外伝】 !!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク


TOPページへ戻る
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜