001.jpg
  スポンサーリンク

2015年06月03日

七つの大罪 外伝 『少女は叶わぬ夢を見る 後編』 最新ネタバレ 考察

2015年 週刊少年マガジン第27号
外伝 『少女は叶わぬ夢を見る 後編』
・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察
gaiden-20.jpg


<前回>
戦士の誇りを持つ巨人族。
戦士長マトローナは、ディアンヌに巨人族の教えを説く。
しかし、戦いを厭(いと)う優しきディアンヌ。。
抗うは戦士の宿命!!

ディアンヌの罪に関する物語 後編です。

 
 
時は16年前。
死に臨む戦士たちは、静かに開戦を待つ―・・・!!!



友のドロレスの死を乗り越え、
マトローナに連れられ戦場に立つディアンヌ。。
まだマトローナに殴られた時の傷が顔に残っているようだ・・・。

リオネス騎士団の大規模な蛮族討伐!!!
戦地へ到着したマトローナ ディアンヌ

聖騎士・ギャノン:『これはこれはお待ちしておりました!! 大地の牙マトローナ殿 ・・・してその後ろの娘は?』
gaiden-21.jpg


マトローナ:『我が部族の精鋭ディアンヌ 腕は私が保証しよう』

騎士:『い・・・いいのですか?』

ギャノン:『なあに構わんさ』


gaiden-22.jpg

ギャノン:『それは頼もしい!! 美しき戦士達よ!! 私はリオネス王国聖騎士ギャノン!!』


「リオネス」という言葉に反応するディアンヌ!!
メリオダスがいるのかどうか尋ねる!

どこの馬の骨ともわからん奴はギャノン騎士団に入る資格がない!と言われ、
ムッとするディアンヌ・・・。


リオネス騎士団が用意した武器を見るマトローナ。



gaiden-24.jpg

マトローナ:『ところでギャノン殿 肝心の蛮族共の一団はどこにいる? 姿はおろか・・・気配の一つも感じられんようだが・・・?』

ギャノン:『どうやら奴らは呪術士の力で姿を消したらしく 正直我々も手をこまねいている状況なのです』

マトローナ:『 ・・・・  ・・・それは厄介だな』

マトローナは何か疑問に感じているようだ・・・。



ディアンヌを呼ぶ騎士たち。

騎士達:『おーい巨人の小娘!! せいぜい俺達の仕事の邪魔すんなよ〜?』

gaiden-25.jpg

ディアンヌ:『そんなに文句があるならマトローナに言えば?ボクだって来たくて来たんじゃないよ!』

騎士達:『おっとっと〜!! マトローナ殿への対抗心メラメラ? 女の嫉妬は人間も巨人も怖いねぇ〜!!』

ディアンヌ:『バッカみたい』




ディアンヌに忠告(アドバイス)するマトローナ!

マトローナ:『ディアンヌ いいか 戦いでは常に非情になれ 非情になりきれねば待つのは死だぞ』

ディアンヌ:『・・・ドロレスみたいに?』

・・・・。
マトローナは無言になる。



その時、ギャノンが声を上げる!!
向こうの森から何やら音がすると言うギャノン。


遠くの森から、確かに物音のようなものが聞こえてくる!

マトローナ:『試してみるか』

ドンッ!!!!


マトローナは、その森の地面を広範囲にわたって隆起させる!!!
巨人族の力に驚く騎士たち。。


あれだけの範囲を攻撃して誰もいないことに疑問に感じるディアンヌ!


ギャノン:『今度はこちらから音が・・・!』

マトローナは、その音(声)が聞こえる場所へと跳んでいく!!!
gaiden-26.jpg


しかし・・・!!
そこには大きな落とし穴があった!!
マトローナは地面深く沈んでいく・・・!!


ディアンヌ:『マトローナ〜!!』


騎士達:『やったぞー!! まんまと引っ掛かりやがったー!!』

!!!?


驚いたディアンヌ!!!!
騎士達を見る!!


ギャノン:『いかがですか? 私の魔力 "幻聴(ホロウサウンド)" は こんなしょぼい能力でも使い方一つでこれほどの相手をも堕とせる!』


ディアンヌ:『ボク達を騙したの!?』


ギャノン:『蛮族千匹を討つよりも巨人一匹を討つ方がその功績は大きい まして"暴走した<大地の牙>"を仕留めたとなれば尚の事・・・ね これで私も 「水晶(クリスタル)」 から一気に 「紅玉(ルビー)」・・・いや 「蒼玉(サファイア)」 までの昇格も夢ではありませんよ!! さあ皆の者! 一気に巨人族を仕留めるん・・・』



その時だった!
沈んだ地面から堂々と上がってくるマトローナ!!
gaiden-27.jpg

『大地を操る巨人族をナメすぎだな』


ディアンヌ:『マトローナ大丈夫?』

マトローナ:『ああ・・・ 人間の蛮族相手に巨大な射出機などおかしいと思っていたが・・・』


動揺するギャノン!!
ギャノン:『てぇ〜!! 撃て撃て撃てー!!』

射出機から矢が放たれる!!!
その矢を、岩で防御壁を造り通さないディアンヌとマトローナ。


射出機による攻撃は全く通らない!!!


ギャノン:『一発でいい 必ず当てろ!!』


無数に放たれる矢から、
1本の矢が防御壁を抜けて、ディアンヌの足元へと向かっていく!


その矢に反応して、
ディアンヌは「重金属(ヘビメタ)」で体を硬化する!!!


だが、その矢の先には何かがついている!
それに気付いたマトローナは自分の足を出し、ディアンヌの盾となる!!
gaiden-28.jpg


ディアンヌ:『ど・・・どうして? 今のはボク1人で防げたはずなのに  マトローナ!?』

足に矢がささったマトローナ。。
そのままひざまずく・・・。

ギャノン:『くっくっくっ 竜を殺す猛毒はさすがに効き目が早い その身を鋼と化す巨人族の体を貫く事はできずとも かすかな傷さえつける事ができれば十分に事足りる』

『これであなたも一巻のおしみゃっ』


しゃべるギャノンの隙をつき、マトローナは大地を隆起させ吹き飛ばす!!!


猛毒が足から入り込み、倒れこむマトローナ。。
そのマトローナを心配し駆け付けるディアンヌ!

ディアンヌ:『マトローナ!! しっかりして!!』

マトローナ:『生きろ・・・ ディアンヌ』

gaiden-35.jpg

ディアンヌ:『マトローナ!!絶対ダメだよ!! 1人で勝手に死ぬなんて許さない!!』

マトローナ:『これが戦いと言うものだ いい加減に・・・甘さを捨てろ』

ディアンヌ:『酷い・・・酷いよ・・・ マトローナは・・・どうして最後までそんな事を・・・言うの・・・?』

マトローナ:『お前の父と母に頼まれ・・・たのだ』


次々と騎士たちが追い打ちをかけてくる!!
しかし、攻めてくる騎士達を倒れながらも大地を操り蹴散らすマトローナ!!

マトローナ:『お前が・・・1人でも生きていけるよう・・・私の妹として・・・強く・・・育ててほしいと だが・・・戦う事しか知らない私には・・・お前に・・・戦う術しか・・・教えてやる事ができな・・・かった・・・』


涙を流すディアンヌ・・・。



限界がきたマトローナ。
あとは自分で自分を守るしかないぞ!
非常になれ 甘さを捨て去るんだ!!



毒矢を持ち、立ち上がるギャノン!!!
そのギャノンが2人を目がけて矢を放つ!!



それでもディアンヌは・・・。

ディアンヌ:『・・・ボクは・・・マトローナのようには・・なれないよ』



マトローナは、
最後の力で大地を針状に変化させて、ギャノンを含めた大量の騎士達を刺殺する!!

gaiden-29.jpg


マトローナ:『どこまで・・・甘いんだ その・・・気になれば・・・お前はこの・・・私すら足元にも・・・及ばぬ力を・・・手に・・・』


最後にそう言い残し、力尽きたマトローナ・・・。


ディアンヌ:『マトロ・・・・・・』
涙を流すディアンヌ。。



生き残った騎士たちは、逃げようとする。
騎士達:『ひいいいい・・・ い・・・今すぐ王国に戻り報告しよう』
な・・・なんて?


『考えがある・・・!!』
その騎士の中に、何かたくらみを考えを付くものがいた・・・。



マトローナが力尽き・・・
その場で泣き叫ぶディアンヌ!!
gaiden-31.jpg





そして、
騎士たちによりディアンヌは連行されることになった。。




処罰を与えられるディアンヌ!

『巨人族・ディアンヌ!! 汝は 力への<嫉妬>ゆえに王国の友兵マトローナを毒殺! 更に口封じの為 無辜(むこ)なる王国騎士330名をも惨殺! その大罪 下劣にして醜悪! よって斬首の刑に処す!!』


gaiden-32.jpg

メリオダス:その判決待った!! バルトラ国王陛下直々の命により巨人族ディアンヌの身柄はこのオレ・・・』


gaiden-33.jpg

ディアンヌ:『キミ・・・ ・・・は』


gaiden-34.jpg

メリオダス:『大罪人メリオダスが・・・もらい受ける!!』



夢から覚めた刹那。
罪と罪を結ぶ絆が、
少女を新たな居場所へ誘う!




次回 第127話『絶望との再会』へ続く。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜