001.jpg
  スポンサーリンク

2015年06月10日

七つの大罪 第127話 『絶望との再会』 最新ネタバレ 考察

2015年 週刊少年マガジン第28号
第127話 『絶望との再会』
・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察
127-1.jpg


<前回>
ディアンヌ外伝! ディアンヌの嫉妬の罪が明らかになった!!

ゴウセルに記憶を奪われたディアンヌ!
故郷メガドーザを目指すディアンヌをを救うため、メリオダス達は北へ向かう!

 
 
 
記憶を失ったディアンヌは、巨人族の里メガドーザへと走っていく!
しかし、その道には<十戒>の居城が!! 出会えば破滅!!



ディアンヌを追いかけるメリオダス達!!

ホーク:『目指すは北・・・巨人の里メガドーザだ!!!』
127-2.jpg


『頼むぜっ おっ母!!!』



ホークママに乗り、ディアンヌを追いかける!!
300マイルの大移動!!
エリザベスは、ディアンヌを心配する・・・。


それ以上にキングは、ディアンヌを心配する!!!


キング:『確かに速いのは助かるけど・・・ねえマーリン どうせなら君の瞬間移動で行けないかな?』

マーリン:『すまないなキング・・・今の私は魂をアルダンに留めておくだけで精一杯なのだ それにいざという時の為にも魔力は温存しておきたい』

キング:『・・・いざという時?』

マーリン:『ディアンヌが向かう先・・・その途中にあるエジンバラ城跡からとてつもない邪悪な波動を感じる』

キング:『!?』

メリオダス:『・・・ああ』

ディアンヌを心配する一行だが、
メリオダスとマーリンが気にかけているのは、進行方向に十戒のいる居城があるため・・・。
キングもその気配を感じ取ったようだ・・・。





そして、十戒サイドでは


『メリオダスを仕留めた・・・?』



居城にて、十戒のメンバーに報告するガラン!!
127-5.jpg

ガラン:『いかにも・・・他の小うるさいハエ共々始末してやったが拍子抜けもいいところじゃよ・・・あれがかつて魔神族を震撼させた異端者の末路とはのう・・・』

フラウドリン:『本当かガラン・・・奴がそれほど容易く倒せるとは思えんが』

メリオダス達を倒したというガランだったが・・・。。
フラウドリンとの会話の最中に、何かを感じ立ち上がる!!

またどこかに行くのか??
十戒のメンバーが尋ねる。

『散歩じゃよ・・・』 と言うガランだが・・・!!?




その頃、
故郷へと向かっている最中のディアンヌ
マトローナが、自分自身(ディアンヌ)をかばって死んでしまったことを里のみんなに伝えようとしていた!!

涙を流しながらマトローナのことを想う。。

ディアンヌ:『戦いの最中 他人を庇ったら死ぬって・・・そう言ったのはマトローナじゃない・・・バカ・・・バカ!』


涙をぬぐい前を見るディアンヌ。
ディアンヌの前方には、見たことがない不思議な山?・・・建物があった。。


その時!!

「ゾクッ」

全身に鳥肌が立つディアンヌ!!

ディアンヌの背後には、ガランが来ていた!!
127-6.jpg

ガラン:『なぜ生きておる? 巨人族の娘よ ・・・お前さんにはちゃんと とどめを刺したはず』


体が震えるディアンヌ・・・。


ディアンヌ:『(な・・・に? 全身が粟立つこの感じ・・・!! 後ろにいるのは一体・・・ ダメ!! 振り返ったら・・・)』


(何も考えるな!!ただ全力で走れ!!)


127-7.jpg


ガランの方を振り向かず、
全力で走るディアンヌ!!


だが、その先には・・・!!


127-8.jpg

???:『巨人族じゃないの 魂がでかい分 魔力回復には都合いい』


そこには、<十戒>がもう一人!!
そして背後にはガランが・・・!!!


ガラン:『モンスピート お前さんも鼻が利くな』

モンスピート:『人間の魂を1つばかり食ったらかえって腹がすいちゃったもんで』

ガラン:『大方 デリエリに頼まれたんじゃろ お前さんも存外世話焼きじゃの』

モンスピート:『あいつは関係ない あくまで個人的な空腹の問題だよ』


2人の存在に激しく動揺するディアンヌ!!

ディアンヌ:『(なに・・・なんなのこいつら?見た目は人間でも中身はまるで別モノ・・・妖精族でも巨人族でもない!!まさか・・・まさか!!)』


再度、ディアンヌに質問するガラン!
なぜ生きているのか・・・?
しかし、ディアンヌにその記憶はなく、ガランのことも記憶にないことを伝える!

徐々に近づいてくるガラン。。
ディアンヌは動揺する。。


ガラン:『うそはいかん・・・お前さんの顔にもその戦鎚にもしかと見覚えがある』


叫ぶディアンヌ!!!
127-9.jpg

『ボクに近付くなーっ!!』



神器ギデオンで、ガランを攻撃する!!!
ギデオンはガランに当たるが、全くダメージを受けていないガラン。
それどころか、その場から動かすこともできなかった・・・!!


ディアンヌ:『(メリオダス・・・!!怖いよ・・・助けて・・・)』

ガラン:『石化しない・・・?何も憶えておらんのか・・・それとも儂がとどめを刺し損ねたか まあよいわ ならば今度こそ死ね・・・』


ギデオンを押しのけ、ディアンヌのお腹を蹴りを上げるガラン!!
その一撃で、ディアンヌは吹き飛ばされる!!
いくつか骨も折れたようだ・・・。

モンスピートの方へと落ちるディアンヌ!!


モンスピート:『では遠慮なく魂を食わせてもらおう』



その時・・・!!

「ドコォォォォン!」


轟音と共に、大地(地面)が動きモンスピートを吹き飛ばす!!!


それを見たガラン!!
ガランは背後に気配を感じて振り返り、すぐに戦闘態勢に入る・・・。



声が聞こえた!!
127-10.jpg

『"砕破"!!!』



無数の岩石が、ガランを襲いその動きを封じる!!!



先ほどのガランの攻撃により、
かなりのダメージを負ったディアンヌだったが・・・
魔力の存在に覚えがある!!

ディアンヌ:『そんな・・・ この魔力は・・・・・・・』



怒るガラン!!
127-12.jpg

ガラン:『儂らが<十戒>と知っての愚行か?』



また声が聞こえる!!
127-13.jpg

『"獄握"!!!』



「グシャンッ!!」



無数の岩石が、ガランを目がけて集まりだす!!!
その岩石は、ガランごと球体化する!!!
完全にガランの動きを封じた・・・!?


そして、涙を流すディアンヌが目にしたのは・・・!!

127-15.jpg


ディアンヌ:『うそ・・これは・・夢・・なの?』


127-16.jpg

 
『マトローナ!!!!』



出会ってしまった最凶の敵!!
その邂逅は、絶望の兆し!!

そこに突如現れた古き同胞!!
その再会は、希望の萌芽(ほうが)!!!

折れぬ戦意!!
燃え上がる闘志!! 誇り高き戦士長、推参!!





次回 第128話『タイトル不明』へ続く。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜