001.jpg
  スポンサーリンク

2015年11月11日

七つの大罪 第149話 『ガランの魔力』 最新ネタバレ 考察

2015年 週刊少年マガジン第50号

第149話 『ガランの魔力』

・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察

149-1.jpg


<前回の内容>

<十戒>ガランとの命懸けのゲームに挑むエスカノール!!
七人目の大罪人、ついに参戦!!

 
 
夜が明けたころ・・・。
気絶した店主(エスカノール)が目を覚ます。

日の出と共に力を増すエスカノールが、ついに動き出す!!

<十戒>・ガランを前に、
<七つの大罪>・エスカノールが名乗りを上げる!!!


エスカノール:『私が <七つの大罪>』

149-2.jpg

『傲慢の罪(ライオンシン)エスカノール様だ』



ガランもメラスキュラもまだお酒に酔っているようだ。。

メラスキュラ:『こいつも・・・フフ 七つの大罪? ヒック・・・』

ガラン:『全ての種族の頂点に立つ者とは大きく出たな ヒック なんと傲慢不遜の塊のような人間よ・・・』

『カッカッカッカッ!!』


エスカノール:『フハハハハハハ』

ガランが笑うのと同時にエスカノールも笑う。

その瞬間だった!!

ガランの身体に対し、神斧・リッタを一振り!!!

149-3.jpg

エスカノール:『それが<傲慢の罪>』


身体を切断されたガラン!!!


「ゾグッ」

149-5.jpg

メラスキュラ:『ガランを・・・たった一振りで・・・』
『こんな人間・・・三千年前には存在しなかったわ』


酔いも醒める、エスカノールの一撃!!

メラスキュラ:『フン・・・けど調子には乗らないことね ゲームはまだ続いているの』

切断されたガランの身体がひっつく!!

ガラン:『ググ・・・カアァア・・・!!』
『我ら最高位の魔神が・・・この程度で殺せる相手と思うなよ!?』



エスカノール:『無論知っていますよ そうでなくてはゲームが少しも盛り上がらない』

メラスキュラ:『まるでガランを一撃で仕留めぬようわざと手を抜いたような言い草ね・・・つくづく傲慢で・・・身の程を知らないお馬鹿な人間ね』

ガラン:『仮にその言葉が真実だとして・・・貴様は後悔するだろう・・・このガランを一撃目で葬らなかった事を!!』

メラスキュラ:『魔力を使う気?』
ガラン:『メラスキュラ 離れておれ』

メキメキ メキメキ とガランの身体が変化していく。
周囲には地響きが・・・!!


バン:『 !? 何をする気だ・・・!!』


ガラン:『臨界突破(クリティカルオーバー)!!』

149-6.jpg

『これはメリオダスとの再戦の為のとっておきだったが お主はこの場で消しておかねばと儂の本能が訴えかけてくるのだ!! ガアアアッ』


メラスキュラ:『臨界突破はガランの武力を極限まで高めるシンプルにして強力無比の魔力よ・・・魔力が切れるまでもう暴走は止まらない』

『この状態でのガランは・・・闘級4万!!!!』

149-7.jpg

ガラン:『カカ・・ すまんが・・加減はできんぞ』

エスカノールに、強力な一撃を入れるガラン!!

149-8.jpg

『ギヒィィイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!』


洞窟を粉砕し、辺り一面にその衝撃が広がる!!!

バン:『くそがぁーーー!!!』

衝撃からエレインとジェリコを守るバン!!

メラスキュラは、黒い球体を作り出し自身をガードする。



〜メリオダス達のいる豚の帽子亭〜

マーリン:『 !!! 』
『 団長殿・・・たった今探知した』


メリオダス:『 奴か!? 』

マーリン:『ああ 現在の闘級5万55・・ 60・・

『時間を経過するごと闘級が増している』

149-9.jpg

『間違いない・・・エスカノールだ』




渾身の力を込めてエスカノールに攻撃したガラン・・・。

だがその攻撃は、エスカノールの腕に傷をつける程度だった・・・!!
(ほぼダメージなし!!!)


エスカノール:『フー・・・』
『これがあなたの本気・・・ですか?』


ガラン:『・・・っ』
『(バカな・・・バカな・・・バカな!!)』


メラスキュラ:『ガラン!! ここは一旦退くのよ!!』

ガラン:『 「真実」 のガランに二言はなーし!!!
『さあ とことんやり合おう!!!』



エスカノール:『では 私の番ですね』


エスカノールの攻撃!!!!

149-10.jpg


149-11.jpg

ガラン:『ヒ・・・』


エスカノール:『 ・・・! 』

一撃を入れる前に攻撃を止めたエスカノール。

バンと、目覚めたジェリコは目撃する。

ジェリコ:『え・・・?』


攻撃を止めたエスカノールと、
防御を解いたメラスキュラが同じ方向を見る・・・。


エスカノール:『残念・・・』
『せっかく少し本気を見せてあげようと思ったのに・・・』



そこには、エスカノールの攻撃を前に、

恐怖し、逃亡しようとしたガラン。

だが、自身の戒禁の呪縛によって石化する。

149-12.jpg

エスカノール:『・・・ゲームオーバーです』



大地を揺るがす傲慢!!
<十戒>をも凌駕する圧倒的強者!!
最強の矜持、ここに在り!!

逃亡不可の誓いを破り、
ガラン、あえなく石化!!
ゲーム、決着!!!



次回 第150話『太陽の主』へ続く
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜