001.jpg
  スポンサーリンク

2016年02月24日

七つの大罪 第163話 『王女と聖女』 最新ネタバレ 考察

2016年 週刊少年マガジン第13号

第163話 『王女と聖女』

・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察

163-1.jpg


<前回の内容>

ついに始まった大喧嘩祭り!!
2対2を勝ち抜け!!
一戦目はエリザベス&エレイン!!
相手はころし屋!!

 
 
迷宮をくぐり抜け、
バイゼル大喧嘩祭りの会場へ到達したメンバーたち。

2対2のタッグバトル!!

エリザベス&エレインの相手は、マラキア暗さつ団!!



〜 大喧嘩祭り ルール説明!! 〜


163-2.jpg

・大喧嘩祭りのルールその1

あらゆる武器・魔力の使用および汚い手を使うことを許可する

・ルールその2

勝利条件は以下の通り 相手タッグのさつ害 または無力化 または場外落下



エリザベスとエレイン、
2人が戦いに参加させられることを知ったメリオダスとバン!!

メリオダス:『グロキシニア!!』
『エリザベスは関係ねえ!!今すぐ戻せ!!』


バン:『てめぇら』
『エレインに手を出しやがったら ミンチ にすんぞ!!』



グロキシニア:『それを決めるのはあたしらっスよ? メリオダス〜・・・とツンツン頭くん』
『残念ながら迷宮に足を踏み入れた時点で参加者とみなしたっス ひっひっ』



その言葉を聞き、グロキシニアへ向かって飛び出すバン!!

だが、その行く手を遮るように 「 荊 」 が生えてくる!!


グロキシニア:『ルールその3・試合放棄は厳禁っスよ!!』


エリザベス:『メリオダス様!! 私のことなら心配なさらずに!!』
『今は御自分のことに集中してください!!』

バン:『ヒュ〜〜言うねぇ♪』



エリザベス:『(私決めたんです・・・!!)』

163-3.jpg

『( ずっと あなたの隣にいられるように強くなるんだって!!)』


エレイン:『バン!!私も平気よ!!』
『エリザベスの言う通り自分たちの戦いに集中して!!』

メリオダス:『言いますな〜♪』




エリザベス:『あなた・・・どうして私の名前を・・・?』

163-4.jpg

エレイン:『私がずっとバンをのぞいていると その隣にはメリオダスとエリザベス・・・あなたが映っていたわ し者の都へ彼らと訪ねて来たこともあったわね・・・』

エリザベス:『 !! 』
『そ・・・それじゃあなたが・・・』


エレイン:『エレインよ よろしくね』



その頃、対戦相手であるマラキアの2人(トーラ&ジクモ)は、

エレインとエリザベスの方へと向かっていた!


ジグモ:『兄者・・・やはり女子供を手にかけるのは気がのるもんではないにゃあ』

トーラ:『たわけ』
『暗さつ者にとっては飯を喰うことと人をあやめることは同義・・・』

『よくある日常ぞ』



そう言い、エリザベスに攻撃を仕掛けるトーラ!!


だが・・・!!

エレイン:『そうね よくある日常だわ』

『あなたたちのような人間を相手にするのは』

『 "そよ風の逆鱗" 』


吹き飛ばされるトーラ!!

トーラ:『くぉ・・・ぁああああ』

ジグモ:『何・・・!?』


163-7.jpg

エレイン:『妖精王の森の聖女にとってはね』

ジグモ:『あ・・・兄者!!』

トーラ:『よ・・・妖精王の・・・森の聖女だと?』
『バカな・・・ただのおとぎ話では・・・』



エリザベス:『エレイン あなたすごい!!(すごい!本当にすごい!!)』

エレイン:『フフ・・・エリザベス あなたは想像通り裏表のない本当に素直で素敵な子!!』

エリザベス:『そ・・・そうかしら?』
エレイン:『ええ!』


エリザベス:『私もあの(・・・)バン様の恋人がどんな女性か興味があったから・・・思った通りとっても素敵なひと!!』

エレイン: 「あの何を考えてるかわからないバン様」  ? 』

エリザベス:『ごっ ごめんなさい!!』

エレイン:『 いいの お互い様でしょう?』
 「何を考えてるかわからないメリオダス様」  も 』

笑顔でウィンクするエレイン!

そう言われて、メリオダスを思い浮かべ・・・吹き出すエリザベス。

エリザベス:『プッ ウフフッ 本当ね!』

エレイン:『あなたたちはなぜバイゼルへ? やはりあの迷宮に巻き込まれたの?』



エリザベス:『いいえ・・・私たちは大きな目的の為・・・封印から醒めた <十戒> の侵攻を食い止める為やってきたの・・・!!』

163-5.jpg

エレイン:『 (<十戒>・・・ ・・・どうして初代妖精王が・・・)』


エリザベス:『それから・・・ "楽しそうだから" ・・・ってメリオダス様が』

エレイン:『な・・・なんかバンも同じこと言いそう・・・』

ニコッと笑みを見せるエリザベス。

エリザベス:『2人は親友だもの・・・!』


エリザベスがエレインと会話をしているとき・・・

そこへ・・・ 2、3個ほど玉が転がってくる!


トーラ:『他愛のないガールズトークはその辺にしてもらおうぞ・・・』

トーラはけむり玉を使い、周囲を煙幕の覆う!!

エリザベス:『エレイ・・・ゴホッ 逃げ・・・』

ジグモ:『許すにゃ小娘・・・我ら マラキアの民 の宿願の為にしんでもらうにゃ』
 
『 "毒蛇鞭" 』


ジグモの攻撃・・・エリザベスは、右肩を毒蛇に噛まれる。。


ジグモ:『兄者・・・1人は片づけたにゃあ』
トーラ:『了解・・・残るは聖女とやらだな』

エレイン:『エリザベス・・・返事をしてエリザベス!!』



トーラは、エレインの背後に回り込んで攻撃を仕掛ける!!

トーラ:『 ( 仕留めた ) 』

・・・と思ったトーラだったが、

トーラ:『 !! 』 『 何!? 』
『 完全に気配を絶ち背後をとった・・・ なぜだ!?



エレイン:『私を相手にするなら気配だけでなく 心の声 も消すことね』

『 "金色の逆鱗" !!』


163-6.jpg

エレインの強力な反撃に倒されるトーラとジグモ!!

深い傷を負ったトーラ・・・。

トーラ:『マラキアの宿願・・・を 果た・・・し・・・』
ジグモ:『あ・・・兄者!?』


エレイン:『 エリザベス!? エリザベスー!!』


煙の奥からエリザベスの姿が!!
エリザベスは無事だった。。
トーラとジグモの方へ歩いていく!

エレイン:『無事でよかった!』

ジグモ:『兄者・・・しぬにゃ・・・』
『俺をおいて・・・しんじゃ嫌にゃあ 兄者〜!!』


傷ついたトーラの元へときたエリザベス。

ジグモ:『は・・・なぜ生きてる!?』
『毒が全身を巡ってとっくにしんでるはず・・・』

エリザベス:『どいて!』



そして、エリザベスの手から光が・・・!!

163-8.jpg

エレイン:『(・・・!! この魔力の波動は・・・!?)』

トーラ:『ごほっ あたた・・・かい・・・』

ジグモ:『ああ! 兄者・・・』

エリザベス:『しばらく安静にしてあげて・・・?』

ジグモ:『あ・・・ああ』



エリザベス:『マラキア王国はリオネスと同盟を結んでいた友好国・・・ でも1年前 リオネスの二大聖騎士長が一方的に和平を破りマラキアを屈服させようとしたの』
『その際に生じた戦いでマラキアの王族や民は散りぢりになり 事実上マラキアは滅びたわ・・・』



マラキア王国とリオネス王国の関係を説明したエリザベス。


ジグモ:『お・・・お前は?』

163-9.jpg

エリザベス:『リオネス国王バルトラの娘』
『 エリザベス = リオネス 』



ジグモ:『・・・っ!!』

エレイン:『よかったの? 私たちをころそうとした人間よ?』




エリザベス:『 うん・・・ でも放っとけないわ』

163-10.jpg

エレイン:『エリザベス・・・ (本当にあなたって・・・)』



聖女の強さ王女の優しさ
掴み取った勝利!

吹き荒れし聖女の力!!
エリザベス&エレインコンビ 
完全勝利!!



次回 第164話『譲らぬ者共』へ続く
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜