001.jpg
  スポンサーリンク

2016年11月26日

七つの大罪【感想】<200話> グロキシニアとドロールの選択とは!? 女神エリザベス登場!!? 最新ネタバレ 感想

週刊少年マガジン

【七つの大罪】 The Seven Deadly Sins


個人的ネタバレ感想と勝手な予測!!


2016年 週刊少年マガジン第52号
第200話 『 聖戦の記憶 』
より

 

グロキシニアとドロールの選択とは!?
女神エリザベス登場!!?



<第200話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第200話 『 聖戦の記憶 』 最新ネタバレ 考察


【個人的ネタバレ 感想】
 
 

〜 七つの大罪 〜

連載200回 達成おめでとうございます!!!


200-1.jpg

200-2.jpg



〜簡単におさらい〜


妖精王の森にいた キング&ディアンヌ の前に

<十戒>グロキシニア&ドロール が現れる!!!


彼らに連れてこられた、鉱樹オルドーラで、

突如、<十戒>との戦闘がはじまる!!!


だが、その力の差は大きかった…

キング達の完全敗北・・・!!!


しかし… キングとディアンヌは

致命的なダメージを負いはしたけれど、

グロキシニアが、霊槍バスキアスの

治癒の力で、傷を回復させる!!!


彼らは、キング達の命を奪うつもりで

戦いに来たのではなかった。


彼らの目的 は、

彼ら自身がした ある選択が 正しかった かどうか、

キング達に証明をしてもらうこと!!!



選択の証明…!!


200-9.jpg


・グロキシニアとドロールのした選択とは!?

約3000年前の大戦で、彼らは、

妖精王グロキシニア、巨人王ドロール

…として 魔神族と戦い、

後に 英雄王 とまで言われるほど、伝説になっている!!



そんな彼らが、

それぞれに 「ある選択」 をせまられる!!!




その選んだ選択肢が、 「正しい」 と信じていたが…

⇒メリオダスと再び拳を交えた時

2人は、迷いを感じた様子!!!



その時の、メリオダスの言葉!!!


メリオダス:『 当たり前だろ 』
『・・・お前ら2人がそっちに行った理由も 』
『 気持ちも 俺は知ってる 』

『 グロキシニア・・・ 』
『 お前は信じていた奴らに裏切られ 』

172-2.jpg

( ※七つの大罪 第172話より 参照 )

『自分の命より大切なものを奪われちまった』



『 ドロール・・・ 』
『 お前は常に最強を目指す戦士だった 』

172-3.jpg

( ※七つの大罪 第172話より 参照 )

『 だが その誇りを
 ズタズタに踏みにじられたんだ 』



2人のした 「ある選択」 とは、

ここでメリオダスが発した言葉に、

関係があるのかもしれません!!!



その選択が本当に 「正しかった」 のかどうかを、

キング&ディアンヌ に証明してもらう!!


そのためには、

「ある命がけの試練」を受ける必要がある!!!


ただ、その試練を受けると、

キングとディアンヌに 大きな成長 をもたらしてくれる!!


199-18.jpg

( ※七つの大罪 第199話より 参照 )

キングとディアンヌはどこまで成長するのか・・・。

彼らは、自分達(<十戒>グロキシニアとドロール)以上

実力者になることを望んでいる様子!!!



そして、その試練の説明が全くないまま、

過去の世界へ・・・ と

飛ばされたキングとディアンヌ!!


試練(修行)がスタート!!!


そこでは、キングは、グロキシニアの姿!!

ディアンヌは、ドロールの姿をしていた。

2人は、偉大なる王の身に魂を移し、

伝説の時代をその眼で見ることになる!!!



そんな2人の前に現れたのは・・・!!!


約3000年前のメリオダス!!!

200-13.jpg



そして、もう一人!!

背中には立派な羽が生えた…

女神・エリザベス!!!

200-17.jpg


メリオダス、エリザベス、グロキシニア、ドロール!!

すごいメンバーですね!!!

過去の世界ですが、

ついに、女神族の姿でエリザベス?登場!!

約3000年前の、魔神族との大戦の出来事が、

この過去編の物語で明らかになっていくのでしょう!!



新しく情報が入り次第更新します♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜