001.jpg
  スポンサーリンク

2017年01月28日

七つの大罪【感想】<203話> ついに聖戦が始まる…!!? <十戒>襲来!!!  最新ネタバレ 感想

週刊少年マガジン

【七つの大罪】 The Seven Deadly Sins


個人的ネタバレ感想と勝手な予測!!


2017年 週刊少年マガジン第8号
第203話 『リュドシエルの計画』
より

 

ついに聖戦が始まる…!!? <十戒>襲来!!!


<第203話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第203話 『リュドシエルの計画』 最新ネタバレ 考察


【個人的ネタバレ 感想】
 
 

今回も いろいろと

気になる点がありましたね!!!



第203話の最後には、

拠点に、魔神族が襲来してきました!

展開がはやい!!!

魔神族の目的 は、捕らわれた同族を救うため!!



203-8.jpg

203-16.jpg


四大天使リュドシエルは、魔神族の根絶を考えている。

魔神族を生餌 にして、魔神族をおびき出すリュドシエル。

女神族のネロバスタや、

妖精族の(※グロキシニアの妹と判明した)ゲラード

このことを知っているようだけど、

他の光の聖痕のメンバーも、

この計画を知っているのだろうか…?



これから始まろうとしている戦い・・・


聖戦…!!!



戦力的には、どのような状況になっているのか…。


〜攻めてきた魔神族 側 〜

確認できた <十戒> は、

・モンスピート
・デリエリ
・メラスキュラ
・ガラン
・フラウドリン
(すでに十戒の位置にいるのか?)

その背後には、大軍勢の魔神たち…!!

<十戒>が5人も来ているので、

かなりの戦力だと思います!!

そして・・・

この戦いに参加しているかはまだわかりませんが

<十戒>以外にも、

<黒の六騎士>と呼ばれる魔神族の軍勢が存在!!





〜光の聖痕 側 〜

・女神族
 四大天使 リュドシェル
 女神族の1人 ネロバスタ
(確認はできていないけど、
 おそらく他にも女神族がいるはず…)

・妖精族&巨人族(大勢いる!!)
・人間(ロウを含め,多数いる様子…)

メリオダス(魔神族だけど…味方)
エリザベス(魔神族との和平を望んでいる)

グロキシニア(中身はキング)
ドロール(中身はディアンヌ)


メリオダス、グロキシニア、ドロールがいる時点で、

こちらの戦力もかなり高いです!!!


そして、キングの話によると…

リュドシエルから感じられる魔力は、

<十戒>と同等か、それ以上のもの…!!!



今、メリオダス達が滞在している拠点は、

「恩寵の光」という、

光の聖痕(スティグマ)の拠点の一つ!!

恩寵の光は、妖精王の森の中に造られた建造物だから

妖精族の数はかなり多いと思います。

さらに、恩寵の光の内部のどこかに、

「天界」に繋がる門(ゲート)が存在するらしい。

ゲートが使用できるなら、その戦力は 未知数・・・!!!




お互いに、まだまだ戦力は温存してそうですね!!

特に、魔神族側だと、

エスタロッサ&ゼルドリス ゴウセル が

どこで何をしているのか…。




聖戦の内容は、以前(リオネス防衛戦時に)…

デンゼルの身体に顕現したネロバスタが

少し話していましたが、残酷なことになりそうです。

気になりますね・・・!!!



そして、上記にも書きましたが

ゲラード が、グロキシニアの妹!!!

…ということには 結構驚きました!!

203-14.jpg

完全に、 恋人的な存在 だとばかり考えていたので…



・メリオダス&ロウ のやり取りや会話。

2人を見てると、

どう見てもロウが、 バン に見えてしまう…!!

203-5.jpg




・エリザベスとリュドシエルの会話…。

四大天使のリュドシエルが、エリザベスのことを

「エリザベス様」と様を付けて呼んでいるあたり、

エリザベスは、女神族の中でも、

かなり高貴な存在のようですね。



<第203話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第203話 『リュドシエルの計画』 最新ネタバレ 考察



新しく情報が入り次第更新します♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜