001.jpg
  スポンサーリンク

2017年04月05日

七つの大罪 第212話 『贈り物』 最新ネタバレ 考察

2017年 週刊少年マガジン 第18号

七つの大罪 The Seven Deadly Sins

第212話 『贈り物』

・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察

212-1.jpg


<前回の内容>

解き放たれた 真のゴウセル…

彼が告げたのは、この世界への別れ。

戦況、再び激変!!

 
 
魔界に繋がるはずの門から現れたのは

牢獄に囚われし真のゴウセルだった!!

聖戦は予測不能の混乱へ!!




ゴウセル:『 魔神王に 「無欲」の戒禁

 与えられ五百年… 俺は自由を奪われ…

 自ら作った人形 ゴウセル を通してのみ

 外の世界と接してきた

 だが それももう限界だ 

俺はこの世に別れを告げる …その前に 』



ゴウセルは、空間に穴を開く…!!

その穴を通り、キングとディアンヌの前に、


真の姿を現した ゴウセル!!


本体ゴウセル:『 ぜひ キミたちと話がしたかった 』



ディアンヌ:『 !!! 』


キング:『 キ… キミが もう1人の… いや 』

212-2.jpg

『 本物のゴウセル!!? 』



ゴウセル:『 ああ… 俺もゴウセルだ

…が 本物も 偽物もない 』



本体ゴウセル が話すと、 人形ゴウセル

同時に、同じ仕草、同じ言葉を話す…

わかりやすくするため、

人形ゴウセルとの、同調(シンクロ)

切る、本体ゴウセル…。


本体ゴウセル:『 …ややこしいな 』

212-3.jpg

『 "同調切断(シンクロオフ)" 』


212-4.jpg

「ガクン」

本体との同調が切れて動かなくなる…。


本体ゴウセル:『 …彼は 牢獄にいた俺の

 目となり 耳となり 手足となって

 戦い続けてくれた 同志だ 

 もう1人の俺 に他ならない 』



少し強張った表情で、

ゴウセルに問いただすキング!!


キング:『 待て!! その前に…

 そんなことより先に聞くことがある!!

 …キミはさっき攻撃してきた時

 門が完成するまでオイラ達を

 塔へ近づけさせるわけにはいかないと言った 』


『 …隠しても無駄だぞ 

 今 恩寵の光で何が起きている!?



本体ゴウセル:人間による反乱 だ…
隠すつもりなどないよ 』



キング&ディアンヌ:『 … …ま …まさか 』



本体ゴウセル:『 "光の聖痕(スティグマ)" に

強い恨みを持っていたようだ 』

212-5.jpg

『 彼らは内部に潜入するために

 我々(魔神族)と まさに命をかけた

 一芝居をうち 見事

 キミらの信頼を勝ち得た 』


『 彼らは 目的のために

 魔神族を利用した んだ 』



ゴウセルの話を聞き、声を荒げるキング!!!


キング:『 ふざけるな!! お前こそ彼らを

 自分が牢獄から脱出するための

 時間稼ぎに利用しただけだろう!! 』


『 お前の自由のために どれだけの命を

 犠牲にするつもりだ ゴウセルーーー!!! 』



本体ゴウセル:『 俺の目的は 自由の身となり…

聖戦を終結させること だ 』

212-6.jpg


ディアンヌ:『 …っ 』

キング:『 !! 』 
『 お前と話すことは もう何もない!! 』


ゴウセルに背を向け、飛び立つキング!!


キング:『 ディアンヌ!! 急ごう!! 』


しかし、首を横に振るディアンヌ…。


ディアンヌ:『 キングは先に行ってて!!

 …後で 必ず追いつくから!!

 …ボクは少しだけ 彼と話をしてみる 』



キング:『 ディアンヌ…! 』


ディアンヌ:『 ただの悪い人にも見えないし…

ゴウセルのことも もっと良く

知っておきたいの あ 人形のね 』

212-7.jpg

『 大丈夫 ボクを信じて ね? 』


ディアンヌは、笑顔でキングに答える!!


キング:『 …… 絶対 油断しないで 』


ディアンヌの言葉を信じるキング!!

恩寵の光に向かって、飛んでいく…!!


ディアンヌ:『 キングも気をつけてねー!! 』


一時的に別行動となったキングとディアンヌ…。


ゴウセルがディアンヌに語りかける!


本体ゴウセル:『 彼は キミの恋人 かな? 』


ディアンヌ:『 !! 』 『 へ!? 』
『 ボ… ボボボクと キングが!? 』


明らかに動揺している ディアンヌ!!


本体ゴウセル:『 まるで永い時を
共に過ごしてきたような 信頼関係だ… 』



顔を赤くし、照れている様子のディアンヌ…


ディアンヌ:『 ボ… ボクたちそんなんじゃ

…そうなのかなぁ? 』



本体ゴウセル:『 俺の 戒禁 にかからないのが

何よりの証拠だ キミらはきっと

互いを求めあっているではなく

与えあっているんだろう…

・・・羨ましいよ 』

212-8.jpg

『 …全ての種族が キミらのように

仲睦まじければ 

聖戦など 起きもしないだろうに 』



ディアンヌ:『 ・・・・・ 』

『 …ねぇ ゴウセル
 さっきのキミの話だけど…
 ほ… 本当に 聖戦 を
 終わらせるなんてことができるの? 』



ディアンヌの問いに、即答するゴウセル!!


本体ゴウセル:『 可能だ 』

『 俺の考えが正しければ

 聖戦を確実に終わらせることができる はず

 ディアンヌ…

 未来で聖戦はまだ続いているのかい…? 』




ディアンヌ:『 ううん… 終わってるよ

三千年前に… …あ!

ここが三千年前なら もうすぐ… ってこと? 』




本体ゴウセル:『 フム… 少し安心したよ
どうやら 俺のし は無駄にはならんようだ 』



ディアンヌ:『 え… 待って? しぬって?
 何する気? キミがいなくなったら
 人形のゴウセルは どうなるの!? 』




本体ゴウセル:『 …そのことなんだが…

“自我起動(オートアウェイク)”



さきまで動かなかった人形ゴウセル…

自我起動 することで、

その瞳には、輝きが戻ってきた…。

ゴウセルが、人形に話しかける。


本体ゴウセル:『 おはよう ゴウセル 』

人形ゴウセル:『 …おはよう ゴウセル 』


212-9.jpg

本体ゴウセル:『 寝起きに 突然の話で
すまないが よく聞いてくれ 』


ゴウセルは、人形ゴウセルに

これからのことを説明し出す…!!


本体ゴウセル:『 今からお前は たった1人

 自分自身の意志 で生きていかねばならない 』



不安そうな表情を浮かべる 人形ゴウセル…。


人形ゴウセル:『・・・・・』


優しく人形の頬に、手を当てる本体ゴウセル…。


本体ゴウセル:『 知能は私並みとはいえ
感情面は 赤子も同然 本当は
…俺から色々教えてやりたかったよ 』



ディアンヌ:『 …! 』


人形ゴウセルの目からは涙が溢れ出ている…


212-10.jpg

人形ゴウセル:『 …ボクを 置いていかないで… 』


ディアンヌ:『 に… 人形が泣いてる!!?
あっ ごめんなさい 』



人形ゴウセル:『 …ボクは人形 …ボクが人形

…だから …置いてくの? 』



本体ゴウセル:『 …違うよ それにお前は

ただの人形じゃない… 』

212-11.jpg

『 よく聞くんだ 』


『 お前の胸には 俺がありったけの

 "心の魔法" を詰めた心臓が入っている 』



『 これは 俺からお前への 』

212-13.jpg

『 最初で最後の 贈り物 だ 』



人形ゴウセル:『 ボクの 心… 』


本体ゴウセルは、笑顔でうなずく…!


本体ゴウセル:『 …だが 困ったことに

 三千年後のお前は なんらかのアクシデントで

 心も記憶も失っている ようなんだ

 本来ありえないことではあるが

 友人たちの話 は嘘に聞こえない 』



ディアンヌ:『 ゆ… 友人?
ボクとキングのこと…? 』



本体ゴウセル:『 …キミたちにとって

 俺との出会いは ほんの一瞬なのだろうが

 俺にとっては 一期一会の友人なんだ 』



『 その 友人として頼み がある…

 未来(キミの世界)に戻ったら

 ゴウセルの友人 になってほしい 』

212-12.jpg

『 どうか… 道に迷う彼を

 導いてやってくれないか…? 』


深く頭を下げる、本体ゴウセル…。


本体ゴウセル:『 いや… 彼がキミに働いた行為を

 考えれば 図々しすぎる頼みだな…

 いいんだ 忘れてくれ 』



人形ゴウセルは、じっ…

ディアンヌを見つめている!!!


そして…!!!


人形ゴウセル:『 お願い
ボクを 正しい方向に導いて 』

212-14.jpg

212-15.jpg

ディアンヌ:『 …うん やってみる!! 』


満面の笑みで了承したディアンヌ!!


人形ゴウセルに、握手を求める…!!


ディアンヌ:『 はい!! 握手!! 』

212-16.jpg

人形ゴウセル:『 うん 握手 』


人形ゴウセルは、

とても嬉しそうに、ディアンヌの握手に応じる!!

(ディアンヌの握手の勢いが激しい!!)


212-17.jpg

本体ゴウセル:『 …お前は
俺の叶えられなかった夢を叶えてくれ 』


感謝の意をディアンヌに伝える、本体ゴウセル…!!


本体ゴウセル:『 最後に会えたのが

 キミで良かった ディアンヌ…

 キミにはぜひ 御礼がしたい 』



ディアンヌ:『 いいよ別に〜〜!
ボクもキミたちと話せてよかったし 』



本体ゴウセル:『 受け取ってくれ 心優しき友人 』

212-18.jpg

『 2人のゴウセルからの

  感謝の贈り物だ……… 』





一方…、大急ぎで

"恩寵の光" へと向かっている キング!!




キング:『 まさか ロウ が

 オイラたちを裏切るなんて… なぜ…

 ゲラード… 無事でいてくれ… 』




過去の事を思い出すキング…。


エレインの言葉 が脳裏に浮かんでくる…


「行かないで兄さん!!」

212-19.jpg

キング:『 オイラは なんでいつもいつも… 』


ヘルブラムの言葉 が脳裏に浮かぶ…。


「いつもチミは遅れてやってくる」

212-20.jpg

キング:『 今度こそ… 間に合ってくれ!! 』


その時…、 ハッ と考える キング…!!


キング:『 まさか… ゲラードを守ることが

 グロキシニアの言っていた試練… なのか? 』


『 だとしたら… 初代妖精王は

 守ることができなかった? いや…!!

 でも 三千年後の世界で

 ゲラードは生きてる… じゃあ一体!? 』



・過去に起こした過ちの記憶…

・与えられた試練について…

キングは、悩みながらも森を駆ける!!


そして、 恩寵の光 が見えてくる!!!


キング:『 !!! 』 『 着いた!!! 』


だが…!!!

そこで、キングが目撃した光景は…

212-21.jpg

キング:『 うそ… だ… そん… な 』


重傷を負い、ちだらけの ゲラード

その彼女を抱えているのは、 ロウ…!!!



212-22.jpg

キング:『 ゲラー… ド? 』



駆けるキングも間に合わず、

広がる景色は地獄絵図。

守るべきものはみな消えた。

同胞の虐さつ、信頼への裏切り。

ついに 試練の刻(とき) は来た!!!




次回 第213話
『それをボクらは愛と呼ぶ』へ続く♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜