001.jpg
  スポンサーリンク

2017年04月26日

七つの大罪 第215話 『処刑人ゼルドリス』 最新ネタバレ 考察

2017年 週刊少年マガジン 第21号

七つの大罪 The Seven Deadly Sins

第215話 『処刑人ゼルドリス』

・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察

215-1.jpg


<前回の内容>

キング、試練達成!!

一方、ディアンヌは ゼルドリスと遭遇!!

命の危機に直面していた!!

 
 
2人のゴウセル、そしてディアンヌの前に

処刑人ゼルドリス が姿を現す!!!

ゼルドリスは、 脱獄したゴウセル

追いかけてきた様子…!!!


ディアンヌ:『 …! あの子はたしか… 』


この時、ディアンヌは…


バイゼル大喧嘩祭り後 の…

メリオダス〈十戒〉!!


この出来事を思い出していた!!


ディアンヌ:『 あの時の…!! 』


力が入るディアンヌ…!!


ゼルドリスは、ゆっくりと歩み寄りながら、

ゴウセルに語りかける…。


ゼルドリス:『 ゴウセル… 魔神王 はご立腹だ
今すぐ牢獄へ戻れ 』

215-2.jpg

『 さもなくば 魔神王への 背反 とみなし
 お前を始末せねばならない… 』


ゼルドリスの問いかけに対し、

ゴウセルは応える…!!!



ゴウセル:『 やれやれ… できるだけ魔力は
温存しておきたかったのだが 』

215-3.jpg

『 お前が相手では そうもいくまい 』



鋭い目つきで、睨み合う2人!!!


だが… 次の瞬間だった…!!


「 ドンッ 」



ディアンヌが、大地を隆起させて…


ゼルドリスを襲撃する!!!


後方へと、避けるゼルドリス!!

土煙が周囲を覆っている…。


ゴウセル:『 !! 』


ディアンヌ:『 2人とも
ここはボクに任せて逃げて!!! 』


ゴウセル:『 君は下がれ ディアンヌ
危険すぎる 奴の狙いはこの俺だ!! 』



ディアンヌ:『 大丈夫…!! ボクは今
巨人の王様なんだよ? 』

215-4.jpg

『 それにキミには 聖戦 を止めて
もらわなくちゃ だから行って!! 』


ディアンヌの言葉に頷いたゴウセル…!!


ゴウセル:『 …行くぞ ゴウセル 』

人形ゴウセル:『 うん 』



振り返った人形ゴウセル…

人形ゴウセル:『 …また会おうね ディアンヌ 』



土煙が消えて、ゼルドリスの姿が見える…。


ゼルドリス:『 ・・・お前は
〈光の聖痕(スティグマ)〉の一翼
巨人王ドロール だな 』



ゼルドリスに対面すると、

瞬時に、大きな身体で舞い始めたディアンヌ!!!

大地を操っている!!!

215-5.jpg


ゼルドリス:『 戦いの舞踊……
凄まじい量の大地の魔力が
 奴に集まっていく 』

『 なるほど… これが噂に名高い
ドロールの舞い か 』

215-6.jpg

ディアンヌ:『 は!!! さあさあ!
正々堂々 ボクと勝負だよーー!! 』


正面を向いて、戦闘の構えを取るディアンヌ!!!


ゼルドリス:『 …お前を 敵にしておくのは

惜しいな……… 』



次の瞬間だった!!!


215-7.jpg


瞬時に、ディアンヌの胸元に、

身体ごと、めり込ませたゼルドリス!!!


215-8.jpg

ディアンヌ:『 か… は 』


ディアンヌは、そのまま倒れされてしまう!!

「 メキメキ ズッズーーン 」


215-9.jpg


ディアンヌ:『(う… そ…
あの〈十戒〉の攻撃に
ビクともしなかったのに…)』


〈十戒〉カルマディオス に一撃喰らわされた時は、

ほぼ無傷だったディアンヌ(ドロールの身体)…。


まだ胸元にいるゼルドリスを睨みつけ、

すぐに反撃しようとする、ディアンヌ!!!


ディアンヌ:『 "大地の鎧(ガイアフォーム)"!!! 』


だがしかし…

何も変化が起きない…!!!


ディアンヌ:『 …え …あれ? …え?
(魔力が…発動しない?)』



ゼルドリス:『 お前の 魔力は封印した
…安心しろ すぐに返してやる 』



ディアンヌ:『(魔力を封印!?
ボクは今 仮にも巨人の王だよ
…それを簡単に)』

215-10.jpg

『(信じられない …強すぎる!!
 他の〈十戒〉とは何かが違う…)』


どうすることもできない状況のディアンヌ!!

ゼルドリスが語りかける…。


ゼルドリス:『 俺の名は ゼルドリス
魔神王の魔力 を借り受け
それを 行使する者… 』

215-11.jpg

『 いわば 魔神王の代理


ディアンヌ:『(魔神王の魔力…?
魔神王の …代理!?)』



ゼルドリス:『 選ぶがいい… 巨人王ドロール 』


ディアンヌ、選択の刻(とき)!!!


ゼルドリス:『 ここでしぬか… 』

215-12.jpg

『 …我ら〈十戒〉の仲間となるか 』



ディアンヌを、威圧するゼルドリス…!!


ゼルドリス:『 …お前の勇猛さは
 妖精王ともども
 魔界に響き渡っている…
 その気があるならば
 お前に更なる力を与えてやろう

『 どうだ ドロール?
  悪い話ではあるまい 』


ディアンヌ:『 な… そんな話を呑むわけが… 』


ディアンヌを睨みつけるゼルドリス!!

気圧され、言葉が出ないディアンヌ…!

ディアンヌ:『・・・』




その頃…

現実世界では…!!



ドロールが ディアンヌの試練 について

キングに話していた!!


ドロール:『 戦いからの逃走を

 しぬことよりも恥とする 私(巨人族)

 この時 残された選択はただ2つ… 』

『 しを選ぶか…〈十戒〉となるか 』


身体に異変が起き、苦しみに耐えているキング!!


キング:『 !! 』 『 ハァッ… ハァ 』

『 どういうことですか!?
 それじゃ… ハァッ
 ディアンヌは あなたと違う選択をしても…
 …いや どちらを選んでも
 二度と戻れないと!? 』



ドロール:『 …ただ 私は知りたかった
〈十戒〉 として生きること と
巨人族 として しぬこと と
どちらが正しかったのか 』


グロキシニア:『 ドロールくん… 』


215-13.jpg

キング:『 そんな… ディアンヌ…!!! 』




選択を迫られている ディアンヌ!!!


ゼルドリスは、ドロールの事について

知っていることを語りだす…。


ゼルドリス:『 巨人王ドロール
天はお前に 二物を与えた…
類まれなる力と… …… 孤独 だ 』


『 巨人族を上回る体躯
 サファイアのごとき青い肌
 魔を秘めし隻眼
 奇岩のごとき4本の腕 』

215-14.jpg

『 お前は部族の中でも 異物 として
 扱われてきたそうだな… 』



ディアンヌ:『(…巨人の王様が…)』


幼い頃の出来事を思い出していた ディアンヌ…

「 戦いを憎み嫌う巨人族など
 巨人族にあらず お前は異物だ 」

215-15.jpg

ディアンヌ:『(ボクと… …同じだ)』



ゼルドリス:『 戦いと強さを重んじる
 巨人族ゆえ今でこそ 巨人の王
 祭りあげられているのだろうが
 お前を心から理解する仲間など
 存在すまい…

 …だが 我ら(魔神族) は違う
 なぜなら魔神族は
 その存在そのものが
  世界の異物 だからだ 』



ディアンヌ:『(ボクの答えは…)』


ゼルドリス:『 さあ選べ しか 〈十戒〉となるか 』


ディアンヌ:『(…決まった 
ううん もう決まってる)』



「選択」は決まっていたディアンヌ…。

キングはディアンヌに叫び続けていた!!!


キング:『 ダメだよ!! ディアンヌ 』

215-16.jpg

『 選んじゃダメだ…
   ディアンヌーーーーッ!!!! 』



目覚めて起き上がるディアンヌ!!!!

215-17.jpg

ディアンヌ:『 ほーーい♡ 』


涙も、鼻水も流しているキング…

キング:『 ディ… ディアン…ヌ? 』


ディアンヌ:『 あは♡ 戻って来れた!! 』


これには、ドロールも驚いている!!!


ドロール:『 バ…バカな!!
 お前は一体 どちらを選択 したんだ…!?
 いや… どちらを選ぼうと
 戻って来れなかったはず…
 
……どうやって 』



ディアンヌ:『 へ? ああ それなら〜… 』

215-18.jpg

『 …逃げちゃった♡ 』


「 ドーーー…ン 」


215-19.jpg

ドロール:『 ・・・!!! 』


まさかのディアンヌの行動に、

開いた口が塞がらない、ドロール…!!!


ディアンヌ:『 キングも戻ってきてたんだね 』


キング:『 よかった… オイラ… オイラ… 』



キングを両手で抱え キスするディアンヌ!!!

215-20.jpg

ディアンヌ:『 大好き 』


顔が真っ赤になる、キング…!!!


キング:『(ほあああああああ
 あああああああ〜っっ!?)』



別行動中、ディアンヌに何が!?
2人の関係急接近!!

キング&ディアンヌ、
試練をを乗り越え一歩前進!!
残るは〈七つの大罪〉との合流のみ!!



次回 第216話『いざ 大罪集結へ!!』へ続く♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク


TOPページへ戻る
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜