001.jpg
  スポンサーリンク

2018年06月02日

七つの大罪【感想】<269話> 「煉獄」での再会!! バンとメリオダスの煉獄生活!! 最新ネタバレ感想

週刊少年マガジン

【七つの大罪】 The Seven Deadly Sins


個人的ネタバレ感想と勝手な予測!!


2018年 週刊少年マガジン 第26号
第269話『煉獄ライフ』より

 

・「煉獄」での再会!!
バンとメリオダスの煉獄生活!!


<第269話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第269話 『煉獄ライフ』 最新ネタバレ考察


【個人的ネタバレ・感想】

 
「煉獄」 に潜入して…、

数百年…。
(400年以上は確実…)

バンは、ついに メリオダスの感情 を発見する!!


もう二度と エリザベスバン と…
 会うことができないだろうと…
 諦めていた メリオダス!!

こうして、まさか煉獄内で、
 バンと出会えたことに号泣する!!!

269-4.jpg

メリオダス:『 ふ… ぐ… …っ 
うわああああぁあああ!!! 』


メリオダスの「感情」は、素直ですね♪

本体とは違って、魂のような存在。

なので、メリオダス本来の力は、全然ない様子。


バンは、当初の目的である、
 「メリオダスの感情」を見つけました!!
 後は、現世へと連れて帰るだけ!!!


しかし、 煉獄からの脱出方法 は…

メリオダス、バン、共に知らなかった。


魔神王の行動に不信感を抱いた2人が、

魔神王付近に、脱出口があると考え付く!!

⇒ 魔神王の下へと向かうことに…!!!


この流れは、やはり…

バン&メリオダス VS. 魔神王

この構図が、本当に来るのかも!!?


この状況、こんな形で、魔神王の所へと
 向かうことになるとは
 正直、思っていませんでした。

マーリンの言うとおり…
 メリオダスの感情は、魔神王によって
 捕まっているものだと思っていたので…
 
 どうにかして
 バンが、自力で魔神王の下にたどり着いて、

 バンの魔力 で、魔神王から
 メリオダスの感情だけを盗み取る!!!
 
 こんな展開になるんじゃないかな〜と
 考えていましたからね…。


でも、この考えは甘かったですね〜。

 今回の話の内容にも出てきた…
 煉獄内に生息している生物。

 「在来種」「外来種」
 
269-8.jpg

 この在来種に、バンは少し苦戦しています。
 
 ※ これは、煉獄の環境下で成長してきた
 この生物が、とてつもなく強力な個体であるだけで…
 決して、バンが弱いわけではありません。
 
ただ、…この煉獄の大ボスともいえる
 魔神王を相手に考えると、
 成長したとはいえ、バンの魔力は
 はたして通用するのだろうか…。


ここで、大疑問です!!!


次の目的地はとりあえず決定!!!

 これから、「脱出口」を探すために

 魔神王の下へ と向かう

 バン&メリオダス の2人!!
 
 現状のメリオダスは、自身が言うように、
 おそらく足手まといになりかねない。
 本来の力を持たない状態。

269-11.jpg


 そして、上記のように…
 成長したバンでも、 相手が…
 闇の統率者・魔神王 では
 バンの魔力 が、
 どこまで通用するのかわからない状況です。


こんな状態で、2人は…

 どのようにして魔神王を相手に
  脱出口を探すというのか!!?


これは、本当に楽しみです♬


「在来種の素材」で作成した衣類!!!

269-19.jpg

2人ともいい感じですね♪



さんざん、魔神王の話をしましたが…

次回のタイトルが気になりますね…!!


次回タイトル
第270話『未知との遭遇』です


「未知との遭遇」って…
人類が宇宙人と初めて対面する
有名な映画のタイトルにもありますね!!

バンは、ともかく…
メリオダスでも「未知」ってことなのかな?
つまり…
これから出会うのは 魔神王ではない!?

一体、誰なのか??

「 次なる壁は 強大なる異界の主 」

はたして、何者なのでしょう…?


<第269話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第269話 『煉獄ライフ』 最新ネタバレ考察


新しく情報が入り次第更新します♪
この記事へのコメント
異界の主。
ついにホーク一家の登場ですよ!!
Posted by ホークパパ at 2018年06月05日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜