001.jpg
  スポンサーリンク

2018年08月01日

七つの大罪 第276話『悲しき一撃』 最新ネタバレ考察

2018年 週刊少年マガジン 第35号

七つの大罪 The Seven Deadly Sins

第276話『悲しき一撃』

・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察

276-1.jpg


<前回の内容>

闇に浸食され、暴走する

「しの天使」マエル!!

〈四大天使〉と協力し…

全員で奴を止めろ!!

 
 
〈十戒〉エスタロッサは

最強の〈四大天使〉マエル に回帰した。

絶望と破壊に支配された彼に、

〈七つの大罪〉〈四大天使〉との

共闘で対抗する!!


デリエリの呼びかけで

目を覚ましたエリザベス!!


276-2.jpg

デリエリ:『 エリザベス……
 しっかりしろ… 』



エスタロッサがマエルだった事実に

どうすればいいのかわらず、涙を流すエリザベス…。


マエルが取り込んだ「戒禁」が、

絶望と、喪失感を増幅し…

消し去ることのできない「怒り」へと

変換されている!!

276-3.jpg

エリザベス:『 どうすれば 彼を…
彼の心を
救うことができるのかしら… 』



「ハッ」と気づく…エリザベス。

マエルは モンスピート の命を奪った張本人…


エリザベス:『 ごめんなさい デリエリ…
あなたの前で
あなたの大切な人 を奪った
マエルを救いたいだなんて… 』


276-4.jpg

デリエリ:『 いや 救おうぜあいつを
お前が かつて
私らを救ってくれたように 』



堕天使マエル と対面する、

〈四大天使〉サリエル&タルミエル!!


タルミエル:『 マ… マエル…
また あなたに
会えて 嬉しいわ〜〜〜〜 』


サリエル:『 「元気そうだね」と
素直に喜べないのが悲しいよ… 』


276-5.jpg

マエル:『 やあ サリエル タルミエル…
 その前に 聞いても? 』


「 なぜ私の前に立ち塞がる? 」


マエルから見ると、

ゴウセルの前には、キングが…

キングの前には、サリエル&タルミエルが

立ち塞がる布陣となっている!!


その ゴウセル を見て声を上げる、マエル…


「 私から全てを奪った大罪人を

 …なぜ庇う? 」


276-6.jpg

マエル:『 不浄の魔神族を
根絶させることが
〈四大天使〉の使命では? 』


 「 気持ちはわかります〜 」

 「失った時間は
  ゆっくり取り戻せばいい」


と…、

なんとかしてマエルを説得しようと

話しかける、タルミエル…。


276-7.jpg

マエル:『 私の気持ちが わかる?
 取り戻せばいい?
わかるはずがない…
できるはずがない… 』


正気を失っているマエルに対して、

取り込んだ「戒禁」

手放すように言う、サリエル。

戒禁を宿す限り、「太陽の恩寵」

決して戻らない…。


マエル:『 …残念でなりません
戒禁は 恩寵を失った私に
唯一 残された希望
この希望すらも奪うつもりならば
代わりに与えましょう 』

『 ・・・絶望を 』


マエルが、攻撃態勢に入る…!!!

そして、ついに〈四大天使〉同士の戦闘開始!!!



エリザベス:『 マエルを救う…? 』


うなずく、デリエリ。

デリエリは、エリザベスに語り出す…。


…マエルが、モンスピートの命

奪ったのは事実だが、

それは、その時の相手が

マエルだっただけの話。


本当ならば、3000年前に…

デリエリとモンスピートは、

「インデュラ化」した時に

命を落としている。


デリエリ:『 それを お前と
メリオダスが救ってくれたんだ 』


デリエリとモンスピートは、
 〈十戒〉として 命令されるがまま
 疑いもなく 女神族や多種族の
 命を奪ってきた

 それが当然なんだ と信じて…。

276-8.jpg

デリエリ:『 お前たちに
命を救われた後も
戦いをやめようとはしなかった 』


エリザベスの元へ走ったメリオダスを

バカだと嘲った……

バカは 私だ

…なんでもっと早くに気付けなかったのかな


 「 モンスピートが 私を
  どう思っていたかはわからない 」

 「 大切なのは 私が
  モンスピートをどう想うかだ 」


276-9.jpg

デリエリ:『 あいつは ずっと
私の大切な相棒で片割れだった…
私は ただ
あいつに生きていてほしかった 』


時間を巻き戻せたら… なんて

思っても仕方がない…!!!

もはや… 何もせずに

無視を決め込むことはできない…

こんな「無意味な聖戦」

終わらせないといけない…!!!


デリエリ:『 まずは マエルを
止めてやることが その一歩だろ 』


エリザベス:『 デリエリ…… 』


しかし、エリザベスの力では

戒禁を取り除くことはできない。。

…だが、デリエリにはある考えがあった!!!


強者同士の戦い は、

激闘となって 繰り広げられていた!!!


276-10.jpg

すでに、マエルの「救済の矢」

受けている キング は、とても苦しそうな様子…!!

276-11.jpg

ゴウセル:『 ナージャ…
俺はどうしたらいい…? 』


仲間(キング)が、

これ以上傷つくのを見ていられないが…

マエルを、これ以上傷つけることも、

ゴウセルにはできない…!!!


そこへ、 デリエリ が駆け付ける!!!


デリエリ:『 ゴウセル 』


ゴウセル:『 デリエリ…? 』



デリエリの作戦!!!


今すぐ、デリエリ自身の考えを読み取って、

マエル以外の全員に伝達するように

ゴウセルに指示を出す!!


「詮索の光(サーチライト)」


ゴウセル:『 これは… 』


「光矢伝達(ブロードキャスト)」


ゴウセルは、デリエリの作戦を読み取り

それを、キング達に伝える!!!


デリエリ:『 (まずは 妖精王が
手数でマエルを攪乱
意識がそれた瞬間…) 』

276-12.jpg

デリエリ:『 (奴の両側を
サリエルとタルミエルが
 全力で抑えろ) 』


〈十戒〉であるデリエリの

作戦に乗るのは癪だが…

マエルを助けるためだったら

何だってやる 〈四大天使〉の2人!!


276-13.jpg

デリエリ:『(そこに 私と
ゴウセルが仕掛ける)』

『 連撃星(コンボスター)!!!』


デリエリは、マエルが気絶するまで

攻撃を叩き込むこと!!

ゴウセルは、その間に…

マエルの頭から「戒禁」の回収法読み取る!!


デリエリは、マエルの発言から、

戒禁の回収には、 本人の同意 か、

戦闘不能にする必要があること

あらかじめ把握していた。


サリエルの竜巻と、

タルミエルの大海で、

両手が塞がれているマエルは、

デリエリの「連撃星」を受け続ける!!!


マエル:『 ごはぁっ 』

276-14.jpg

サリエル:『 く…まだか…!? 』

タルミエル:『 あなたを救うためなの〜 』


ゴウセル:『 ! 』


ゴウセルは、戒禁を回収する

「呪文」 を読み取っている!!

276-15.jpg

デリエリ:『 (まだか) 』


マエル:『 タルミ…エル なん… で…
私ばかり……
こんな…っ 仕打ち…を 』

『 助け…… て 』



ゴウセル:『 呪文が わかっ… 』


その時…!!!!


タルミエルの大海 が消え…

マエルが右腕が解放される…!!!


276-16.jpg

「 フッ 」


276-17.jpg


276-18.jpg

マエル:『 ありがとう 我が同胞… 』


デリエリ に向けて

右手をかざす、マエル…!!!

276-19.jpg

「 パウッ 」

マエル:『 "救済の矢" 』


276-20.jpg

マエル:『 受け取るがいい…
〈しの天使〉からの慈悲を 』


苦しむ同胞を 見たくない
その優しさが「仇」となる。
作戦は 破綻…
裁きが デリエリを貫く!!!

それは残された最後の心臓。
希望を絶つ…
「慈悲」の一撃…!!



次回 七つの大罪
第277話『愛から自由になる術はない』へ続く♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜