001.jpg
  スポンサーリンク

2019年01月09日

七つの大罪 第295話『集結するものたち』 最新ネタバレ考察

2019年 週刊少年マガジン 第6号

七つの大罪 The Seven Deadly Sins

第295話『集結するものたち』

・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察

295-1.jpg


<前回の内容>

〈原初の魔神〉へ

彼方より 霊槍の一撃炸裂!!

妖精王に、「しの天使」…

猛者たちは、一点へと集う!!

 
 
猛攻する 〈原初の魔神〉 に対して

遥か遠方からの 妖精王の一撃!!!



295-2.jpg

「 ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ… 」

マーリン:『 これは… キングの霊槍…!!? 』


キング本人は、まだこの場に到着はしていない。

遠隔操作による攻撃!!!

キングが、 完全な妖精王の力 へと

目覚めたことに、マーリンは気づく。


ゼルドリス:『 〈七つの大罪〉か……! 』


複数の巨大な魔力がこの場を目指して、

飛んで来ている。

そして、ゼルドリスは…

その複数の魔力の中から、

「ある魔力」 を感じ取っていた…!!


霊槍(シャスティフォル)の遠隔操作を、

だんだんと極めて始めた、キング!!!

しかし、 魔力の消耗 が激しすぎる。


キング:『 ……早々に カタを
 つけるしかないか 』

295-3.jpg

「 ギ ギ ギ ギ… 」

原初の魔神:『 ぬ… おう!!! 』



真・霊槍 シャスティフォル

第四形態「光華(サンフラワー)」


295-4.jpg


295-5.jpg

「 ボズッ 」

マーリン:『 なんという威力だ…!! 』


しかし…!!!


295-6.jpg

キング:『 …! …何!?
攻撃が…無効化された!? 』


〈原初の魔神〉 には、

マーリン&エスカノール

全力で仕留めるように命令し…


〈七つの大罪〉は、

ゼルドリス自身 が相手をすることに…!!!


そのすぐ近くで、

すさまじい戦闘を目撃している、

ヘンドリクセン&ギルサンダー!!!


ヘンドリクセン:『 ギルサンダー
今のうちに逃げるんだ!! 』


ギルサンダー:『 なっ…!? こ… 断る
こんな状態のマーガレット
置いて逃げるつもりはない!!! 』


リュドシエルは、マエルが生きていた事実を知り、

いまだに混乱し続けている…。

あまりのショックに、飛ぶことも…

自分で歩くこともままならない状態だった。

そして、涙を流しながらヘンドリクセンに頼み込む。


リュドシエル:『 ヘンドリクセン… 私を
マエルの下へ 連れて行ってくれ
…後生だ……!! 』


その時!!!

ヘンドリクセンが行動に出る!!!



295-7.jpg

「 カッ 」

ヘンドリクセン:『 浄化(パージ) 』


リュドシエル:『 …!!? あ… …が……!? 』


突然の行動に、リュドシエルは驚く!!!

全力の「浄化(パージ)」!!!

息切れするヘンドリクセン…。

するとそこには… マーガレット

リュドシエル のそれぞれ肉体が分離していた!!


295-8.jpg

ギルサンダー:『 つ… 翼の生えた男?
マーガレットの体から
分離 ……したのか?』


「浄化(パージ)」 とは、
 
 魔を滅するというだけの技ではなかった。
 泥水から不純物を排除し
 真水に戻すことも可能…。

リュドシエル本体が、ここまで
 衰弱しきっていなければ不可能だった。
 ヘンドリクセンは、この チャンス を待っていた!!


ギルサンダー:『 ヘンドリクセン…
 あなたは初めから…
 こうするつもりで? 』


ヘンドリクセン:『 一か八かの賭けは
うまくいったよ…
さあ ギルサンダー
マーガレット王女を連れて
逃げるんだ… 』


ヘンドリクセンは、この場に残ることを決意!!!

このままの状態で、

リュドシエルを放って置くことはできない…。


295-9.jpg

ヘンドリクセン:『 最後に… 父上からの伝言だ
「 いつも 見守っている 」…と
さぁ 行け!! 』


マーガレットを抱え、ギルサンダーは行く…。

目覚めた リュドシエル!!!

謀ったヘンドリクセンに対して

とても激怒していた…!!!

しかし、ヘンドリクセンは覚悟を決めていた…。


ヘンドリクセン:『 …どうか この魂 と
この命 尽きるまで 私を
器として お使いください 』

295-10.jpg

ヘンドリクセン:『 私は しを畏れていません…
なれば あなたも存分に
力を使うことができるはず

( …さらばだ ドレファス )



その頃…

戦闘は激しさを増していた…!!



霊槍シャスティフォルによる遠隔攻撃で、

キングゼルドリス と対峙している!!

295-11.jpg

「 ギャンッ 」

ゼルドリス:『 無駄な抵抗はやめておけ…
お前たちに勝機はない!! 』



295-12.jpg

「 バゴッ ゴゴゴ…」

キング:『 …これでも無駄な抵抗? 』


295-13.jpg

ゼルドリス:『 そろそろ 気付いても
いい頃だぞ…?〈七つの大罪〉共!!
ここへ向かっているのは
お前だちだけではない ことに…!! 』


キング:『 ……何 』


エリザベスとディアンヌも、

自分たちの遥か前方を進む

何かの気配 を感じ始めていた…。


マエル:『 まさか…!! 』

ゴウセル:『 どうした マエル? 』



295-14.jpg

マエル:『 ゼルドリスは 最初から
こうなることを想定していたのか!! 』


それは、凶気の淵にいた
 〈十戒〉エスタロッサ が、
 手当たり次第に回収し、取り込み、
 …そして、耐え切れずに自滅することを…!!!

295-15.jpg

エリザベス:『 それじゃ…この気配の正体は…
マエルから出た 四つの戒禁!!!


「戒禁」 とは、

 魔神王の力の欠片…。
 1つに集まるほどに力を増し、
 自我を持つようになる。

自我を持った戒禁は、
 互いに引力で引き寄せあう。

マエルの考えでは、
 メリオダスは、すでに5つの戒禁を
 取り込んでいるはず…。
 四つの戒禁たちは、
 そこを目指して向かっている!!!

それを止める手段はない…!!!


295-16.jpg

エリザベス:『 そんな…戒禁が
全部そろえば… …メリオダスは
本当に 魔神王になってしまうわ!!! 』


ディアンヌ:『 それなら大丈夫だよ!!
…たしか マーリンが
メラスキュラの戒禁
持ってたはずでしょ? 』


295-17.jpg

マエル:『 …… もう手遅れでしょう… 』


295-18.jpg

「 ウォン 」

マーリン:『 !? …隠匿していた
メラスキュラ が…勝手に!?
違う …戒禁が 何かに共鳴を…… 』


メラスキュラの「戒禁」 は、

…ここへ飛んで来た、

「四つの戒禁」 と合流を果たす!!!


原初の魔神:『 おお 』

ゼルドリス:『 ついに 来たか… 』



そして… 集結した 「五つの戒禁達」 は、

メリオダスの下へと向かっていく!!!


ゼルドリス:『(ゲルダ… もうじきだ )』

295-19.jpg

エリザベス:『( メリオダス だめよ!! )』


295-20.jpg

ゼルドリス:『 新たな 魔神王
 誕生の時だ!!! 』


エリザベスの奮闘 空しく…
集結する 十の戒禁!!
その吸収を止める術は
もはや 存在しない…!!

恋人のためなら手段は選ばない。
闇に染まりしメリオダス 復活…!!



次回 七つの大罪
第296話『 友として 兄として 』に続く♪
この記事へのコメント
まさに佳境、コメントが思いつかない。どんなメリオダスが出るのか楽しみ。
Posted by at 2019年01月17日 22:17
まだ、魔神王メリオダスは誕生しませんでしたね。
今現在でも状況は最悪ですが、…復活したらさらに状況は悪化していくと思われます。もしかしたら味方になる可能性もありますけどね!!
Posted by at 2019年01月20日 08:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜