001.jpg
  スポンサーリンク

2019年08月03日

七つの大罪【感想】<321話> ゼルドリスを救出するために…!! 〈七つの大罪〉全員集結!!! 最新ネタバレ感想

週刊少年マガジン

【七つの大罪】 The Seven Deadly Sins


個人的ネタバレ感想と勝手な予測!!


2019年 週刊少年マガジン 第35号
第321話『 光 』より
 


・ゼルドリスを救出するために…!!
〈七つの大罪〉全員集結!!!


<第321話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第321話 『 光 』 最新ネタバレ考察


【個人的ネタバレ・感想】
 
 
主恩のインデュラと対峙していた、

〈大罪〉メンバー達 が、

その強大な相手を見事に撃破して…

団長・メリオダス の下へと集う!!!


メリオダス&エリザベスの相手は、

最強の魔神王…!!!

321-6.jpg

「 ザパ アア…… 」

魔神王:『 我は 神なり…… 』


バン達〈大罪〉メンバーは、

懸命に 弟・ゼルドリス を救出しようとする

メリオダスに、力を貸すため参上!!!


…だが 以前戦った 魔神王より

その魔力はさらに強大…!!!

支配者(ザ・ルーラー) の魔力も戻り…

これまでの相手の中で、

最強中の最強…!!!

321-10.jpg

「 シュウウウ… 」

マーリン:『 ほう… それが
魔神王(きさま)の反則技 か……!! 』


〈大罪〉メンバー達が大好きなメリオダスは、

これ以上 みんなに迷惑をかけないようにと…

この戦いでの協力を否定していた。

321-5.jpg

エリザベス:『 …メリオダスは
あなたたち が大好きだから
もう みんなを
巻き込みたくなかったの… 』


仲間たちが来てくれたことで…

どこか安心した様な表情を見せるメリオダス!!!

弟を想うあまり…力を出しききれない

現状のメリオダス にとって、

バン達の存在はとても大きかった。


何より ゴウセルが合流 したことで…

精神世界にいるゼルドリスを、

魔神王と分離する事 が可能となった!!!


321-13.jpg

マーリン:『 よし ゴウセル!!

我々が 魔神王を食い止める間
団長殿を連れ 精神内に侵入し
ゼルドリス
魔神王から分離させてくれ!! 』


ただし…!!!

それを黙ってさせてもらえるほど

簡単な相手ではない!!!

全員が協力して、実行しようにも…

力を取り戻した 魔神王は凄まじい!!!


メリオダス&バン&キング の3人で

魔神王の動きを抑えようとするが、

正面から 突破されてしまう ほど…!!!


321-14.jpg


321-15.jpg

魔神王:『 させん!!! 』


キングの展開した 防御バリア…

花粒園(バレン・ガーデン) ですらも…

魔神王には突破されてしまう!!!!


この状況下で、

メリオダス&ゴウセル が戦闘から抜けてしまっては…

戦力的にかなり厳しくなる!!!


つまり現状では、

精神世界に侵入する時間を作れない!!!


しかし………!!!

「最強」 は遅れてやってくる!!!



四大天使マエル から、

「太陽」の魔力 を返してもらった

〈傲慢の罪〉エスカノール が戦線復帰!!!


321-18.jpg

「 ブオッ……!! 」

メリオダス:『 ………!! 』


321-19.jpg

「 ギンッ!!! 」

メリオ&魔神王:『 !? 』


321-20.jpg

命を懸けたエスカノールの参戦!!!


みんなが弾き飛ばされてきた…

魔神王の剣閃 の一太刀を、

素手で受け止める エスカノール!!!

…どうやら 復帰後の戦闘能力に申し分なし!!!

これで、戦力は整った。

ゼルドリスの救出に、また希望が見えてきた!!!


次回タイトル
第322話『キミの名を呼ぶ声』 です。



これは、精神世界で意識が消えかかっている

ゼルドリスの名前のことでしょうか…?

だとしたらその名を呼ぶ声の主は…

兄・メリオダス か、あるいは 本物のゲルダ か…

……まさか、誰かが…

アーサー王 を呼んでいる声…

なんてことも考えられる!!?


<第321話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第321話 『 光 』 最新ネタバレ考察


新しく情報が入り次第更新します♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜