001.jpg
  スポンサーリンク

2019年10月02日

七つの大罪 <外伝> 『王は孤独に歌う』 最新ネタバレ 考察

2019年 週刊少年マガジン 第44号

七つの大罪 The Seven Deadly Sins

外伝 『 王は孤独に歌う 』


・最新内容ネタバレ ・個人的感想と考察

eg-1.jpg


【 エスカノール外伝 】

〈強欲の罪〉ライオン・シン

エスカノールの本心を描いた物語!!!

2年ぶり!!!!

『七つの大罪』外伝 第5弾!!

化物と呼ばれ、祖国を追われ…

王子は、全てを失った……。


 
太陽の煌めきは、

隣人の身を焦がす…

「最強」は独り だった、

彼らと会うまでは…。



少年エスカノール:『 嫌だよ… 僕一人で
逃げるなんて… 』

eg-2.jpg

ローザ:『 エスカノール様…
どうか お元気で
大丈夫… 私が約束します… 』


eg-3.jpg

ローザ:『 あなたは 決して
一人ぼっちではありませんよ… 』


エスカノール:『 ( ローザ……
俺は 一人ぼっちだ ) 』


この物語は、

〈七つの大罪〉エスカノール が、

〈傲慢の罪〉ライオン・シン

なるまでを描かれた 「外伝」 です…。


エスカノールに、罪状が言い渡される。

王国周辺の町および、

集落において幾度も民に恐怖を与え…

現場に駆け付けた王国聖騎士への

過剰なまでの暴行…

国王陛下の御前での不遜な態度と言動…

制止に入った ザラトラス聖騎士長 にまで

重傷を負わせた……などなど。


〈傲慢〉極まりなき 罪人
エスカノール!!!

eg-4.jpg

鞭打ち1000回 及び 磔刑に処す!!!


村を困らせていた怪物を退治しただけ。

それを見た村人がなぜか怖がった…。

王様や、聖騎士にとった態度は、

自分であって自分ではない…!!!

ビクビクして反論するエスカノールだが…

小声で聞こえず、弁解の余地はない!!


涙と鼻水を流しながら…

最終的に異論をやめたエスカノール。

そこで現れたのは メリオダス!!!


eg-5.jpg

メリオダス:『 …こいつの身柄は
オレが引き受ける 』


笑顔でエスカノールを救出した

メリオダスは、団員が集まる宿で、

エスカノールを紹介することに…。


ディアンヌ:『 この子が七人目? 』


キング:『 この子って… 人間にしては
もういい歳だと思うよ 』


ゴウセル:聞いていた情報 とは
大分 異なるな… 』

eg-6.jpg

バン:『 団ちょ〜〜 冗談だろ? 』


当然、それはメリオダスの冗談ではなく、

エスカノールは、選ばれて連れてこられた。

ディアンヌ達を見て、

ビクビクしているエスカノール。


メリオダス:『 お前は 今日から
オレたちの仲間〈七つの大罪〉
一員に なるんだ 』


ディアンヌが、みんなの特技や特徴など…

簡単に自己紹介をしてくれる。

この状態のエスカノール ⇒ 闘級値:15

測定したゴウセルも 耳にしたバンも驚いている。


マーリン:『 よく来たな エスカノール 』


エスカノール:『 ! 』


その声に反応し、振り返るエスカノール!!


ディアンヌ:『 マーリンはね〜
ブリタニア1の魔術士なんだよ!! 』

eg-7.jpg

エスカノール:『 マ… マーリン…さん!』


エスカノール:『 ( この人… 本当によく
ローザ に似ている… ) 』


この時、エスカノールは…

ローザの顔を思い出して胸が痛む。


メリオダスとマーリンは…

すでに1度、エスカノールと対面している。

その時は追い返されてしまった。


バン:『 んで 結局……
特技 はなんなんだよ♬ 』


短刀… 弓矢… 諜報術…

まさか暗殺術…!!?

エスカノールの特技が何なのか

期待している バンだったが…


エスカノール:『 ポ……… ポ ポ…
詩(ポエム)……です 』


これで 団員が7人揃ったこと で、

メリオダスは喜び、宴が開かれ……

時刻は、すっかり夜明け前…。

バン、キング、ディアンヌは泥酔。

エスカノールは、トイレだと席を立つが…

もうじき朝を迎えてしまうため…

城下町を離れようとしていた。


人として久しぶりに楽しかった夜…

しかし、1人で去らなければならない

この時の気持ちを、感情を込めて、

詩(ポエム) にして詠む!!!


マーリン:『 …なるほど それが
お前の特技(ポエム)とやらか 』

eg-8.jpg

「 ドキッ!!!! 」

エスカノール:『 !!! 』


驚くエスカノール!!!

マーリンは、ここを出て行く理由を尋ねる。

その原因は、 昼間の呪われた姿!!!


eg-9.jpg

エスカノール:『 いずれ… 必ず…
あなたたちを傷つけてしまう!! 』


昼間のエスカノールは、まるで見境がない…。

自分は この世に

生まれて来るべきではなかった

悲観している…。

ローザに救出してもらった時のことを

思い出していた…。


eg-10.jpg

マーリン:『 フッ……
やはり お前は興味深いな… 』


マーリンと話している内に、

夜明け が訪れる。

それに気付いたエスカノールも焦っている。

その時!!

メリオダスがやって来る。

エスカノールの 呪いの力 は、物騒ではあるが…

それくらい 他のメンバーには、

問題がないと言うメリオダス!!!


メリオダス:『 …なあ エスカノール
一回 その力
オレに試させてくれねーか? 』


エスカノール:『 …笑えない冗談ですね 』


マーリン:『( 空気が変わった )』


メリオダスに 忠告する エスカノール!!!

eg-11.jpg

「 ビキ… ビキ… ミシッ… 」

エスカノール:『 そこで止まって
引き返しなさい そこから
一歩でも 私に近付けば
命の保証はしませんよ 』


それを聞いて、 ニヤつくメリオダス!!!

好奇心で、1歩前に跳ねる!!!


その頃、ちょうど起きて出てきた バン!!!

殴り飛ばされたメリオダスと激突する!!!

バンは、グシャグシャに…

メリオダスは壁にめり込まされる。


eg-12.jpg

エスカノール:『 だから………
だから止まれと言ったのに…!! 』


その騒ぎで、キングとディアンヌも出てくるが…

苦悩するエスカノール は、

大声で叫びながら全速力で逃走する!!!!

走った先には巨大な山…。

今の気持ちをその山にぶつける…!!!


何度も拳で殴りつける!!!

eg-13.jpg

「 バゴンッ!!!! ドゴッ!!!! 」

エスカノール:『( 誰でもいい止めてくれ…
俺を… 俺のこの命を!! )』


その夜…

巨大な山は吹き飛んで、

違う形に変形してしまっている。

その岩の瓦礫の片隅には、

夜状態のエスカノールの姿 が!!!

マーリンが尋ねて来る。

エスカノールは、こうなることが嫌で、

これまで人との接触を避けて生きてきた。


マーリン:『 …ならば その力の
使い道と 謎を 私たちと
共に 探ろうではないか 』


マーリンのその言葉を聞いた

エスカノールは 嬉しそうに語る…。

顔が似ているだけではなかった…!!


eg-14.jpg

エスカノール:『 僕の呪いを見ても尚
そんな優しい言葉をかけてくれたのは
ローザと あなただけだ 』


マーリンに感謝しているエスカノール。

しかし、メリオダスとバン…

2人もの命を奪った自分に

もうその資格はない と、涙を流す。


メリオダス:『 誰を ころしちまったって? 』

エスカノール:『 ……え? 』



メリオダス:『 いよっ! 』

eg-15.jpg

エスカノール:『 ギャーーーー
幽霊〜〜〜〜!! 』


キング、ディアンヌ、ゴウセルも駆け付ける。

メリオダスとバンを見て、

驚きを隠せないエスカノール!!!


メリオダス:『 残念…! 化け物
お前1人じゃねえってこと 』


エスカノール:『 ………… 』


笑顔で語るメリオダス!!

eg-16.jpg

メリオダス:『 お前と同じさ…
事情のねえ奴 なんて
ここには 誰1人いねえ!! 』


メリオダスは、改めて…

エスカノールを 〈七つの大罪〉 に勧誘する。

エスカノールの力は、

絶対に役に立つと確信している!!!


自分でも制御できず、

誰かを傷つけ、物を壊すだけの力…

こんな 呪われた力……

エスカノールは望んでいなかった!!


eg-17.jpg

エスカノール:『 …この呪いのおかげで
どんな思いをしたか
あなたたちに……… 』


感情が爆発するエスカノール!!

その時、ゴウセル が、

瞬時にエスカノールの記憶を読み解き…

それをみんなの前で伝える…。


呪いのせいで王国タリムを追われたこと。

侍女ローザ だけが 唯一の理解者で、

エスカノールを逃すために国を裏切ったこと。

数年後、ローザが心配で王国に戻ったが…

国は滅んでおり、ローザの行方は

ついにわからずじまいとなっていること…。


エスカノール:『 ローザは きっと
僕を恨んでいる…
生きる価値のない人間だと… 』


マーリン:『 ならば 直接本人に会って
聞けばいいだろうに… 』


マーリンは、ゴウセルの情報を元に、

ローザの居場所 を突き止めることくらい

朝飯前だった。


しかし エスカノールは断る!!!


一瞬 笑顔を見せたが…

彼女に合わせる顔がないし…

何を話せばいいかもわからないし…


エスカノール:『 僕が しんでくれた方が
喜ぶんじゃないかな… 』

eg-18.jpg

バン:『 いい加減にしろ ウジウジと…!! 』


卑屈すぎるエスカノールの態度に…

激怒したバン!!!!

バンは、今すぐにでも

命を絶ってやろうかと言い出すが……


メリオダス:『 それじゃ意味ねーんだよ 』

バン:『 あ? 』



メリオダスが提案を出す!!!

eg-19.jpg

メリオダス:『 エスカノール………
明日の正午…
このオレと勝負しろ 』


そして、翌日の 「正午」 を迎える…!!!

太陽が真上に輝いている!!!

メリオダスの提案はこうだ…。


メリオダス:『( オレが勝ったら
〈七つの大罪〉に入ってもらう
お前が勝てば
出ていくなり好きにしろよ )』

eg-20.jpg

「 ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ… 」

マーリン:『 驚いた……
正午の奴の魔力が
これほどまでとはな…!! 』


メリオダス VS. エスカノール!!!

eg-21.jpg

「 ズンッ!!! 」

エスカノール:『 容易く しねる生物よ
我は 汝が羨ましい 』


エスカノールの先制攻撃!!!!

eg-22.jpg

「 ドズンッ!!!!! 」


直撃した… メリオダス!!! だが…!!!

殲滅状態(アサルトモード)発動!!!!


eg-23.jpg

「 ズワッ!!! 」


メリオダスの反撃!!!!

eg-24.jpg

「 ボッ!!!!! 」


メリオダスは、強力な一撃で殴りつけた後、

体勢を崩したエスカノールに…

すぐに 刃折れの剣 で、追い打ちをかける!!!


エスカノールは地面に激突!!!

この時 エスカノールは 一瞬だけ、

ローザの顔 を思い出していた。

メリオダスは、エスカノールを踏みつける!!


完全にメリオダスが圧倒している!!!

eg-25.jpg

メリオダス:『 …そんなに しにたけりゃ
オレが ころしてやるよ……』


エスカノール:『 苦(くる)… 痛(つう)… 』


メリオダスは、語りかける!!!


メリオダス:『 苦しいか? 痛えか…?
そりゃあ お前が生きてるからだ
ローザが護ってくれたから
感じられるんだ…!! 』


エスカノール:『 !! ( ローザ…) 』


メリオダスが、勝負を申し出たのは…

エスカノールに 悟らせようとしていた ためだった!!


メリオダス:『 自分の命を
自分1人のモンだと思うな…
それを簡単に しにてえだの
生きる価値がねえだのと… 』

eg-26.jpg

メリオダス:『 おこがましいぜ 』


涙を流している エスカノール!!

メリオダスの言葉を聞き、気持ちを語る。


エスカノール:『 ……我は………
…まだ…… …生きていたい… 』


その言葉が聞けて、

メリオダスは、笑みを浮かべる…!!

もし、また自分が抑えられなくなった時、

いつでも相手になるという、メリオダス!!


エスカノールも、笑みを見せ…

敗北を認めた上 で 頼み事をする!!


エスカノール:『 負けて… おいて…
「おこがましい」が… 願いを…
1つだけ 聞いてほしい… 』


エスカノールの願い ……それは、


「 1度 ローザに会わせてくれ 」


メリオダス:『 ありゃま… 気絶してる 』

マーリン:『 いや… ローザに
会わせるなら都合がいい… 』


気絶していたエスカノール…。

目を覚ました…。

エスカノールは気づいていないが…

ここは、【 死者の都 】 …。

マーリンも、メリオダスの姿もない。

後ろから声が聞こえてくる…。


ローザ:『 エスカノール様
お久しぶりです 』


エスカノール:『 !! ………その声
………ローザ なの? 』


顔が見たいと言う、ローザだが…

振り返る勇気が出ないエスカノール。

今の自分を見たらきっとガッカリする……


エスカノール:『( …違うだろ
こんなことを 言うために
来たわけじゃないはずだ!! )』


エスカノールは振り返る!!!

eg-27.jpg

エスカノール:『 …ありがとう
あの時 僕を護ってくれて
キミに救われた この人生を
これからは 必死に生きてみるよ 』


eg-28.jpg

エスカノール:『 どんなに無様でも
どんなに孤独でも
ローザ… キミに恥じないように 』


エスカノールに歩み寄る、ローザ。

エスカノールの額に優しく手を当てる…


ローザ:『 恥じることなど
何もありません……
…それに もう あなたは
一人ぼっち では ないはずです 』


eg-29.jpg

エスカノール:『 うん 』


とても楽しそうに会話する2人…!!!

ここが、【死者の都】 だということを

知らないエスカノールは、

ローザの姿が 昔と少しも

変わっていないことに驚いている。


eg-31.jpg

ローザに似ている マーリン のことについても話すが…

ローザは、ここからずっと

エスカノールを見守っていた から…

全てのことを把握している。


そして… 話がはずんでいたが…

いつのまにか、エスカノールの隣にいた

ローザの姿は消えてしまっていた。


エスカノール:『 ねえ ローザ 僕は誓うよ 』

eg-30.jpg

エスカノール:『 自ら手放そうとしていた
この命…
大切な友のために懸けることを 』


護られた命で、護るべき友が出来た。

陰り続けた太陽は 再び輝き、

一筋の標を差す。

寂しき孤独から、並び立つ孤高へ。

〈傲慢〉のまま、生きていく。



次回 七つの大罪 第328話
『天上天下唯我独尊の極み』へ続く♪
この記事へのコメント
エスカノール泣ける。ローザ美人。最初はメリオダスが勝ってたんだね。
Posted by at 2019年10月04日 23:18
アサルトモードは感情で抑えた方が本領発揮出来るということか
Posted by at 2019年10月05日 02:11
美人な人に死んでほしくないという甘い考えをすてきれないんよなぁ・・・
Posted by at 2020年01月01日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク

|TOPページへ戻る|
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜