001.jpg
  スポンサーリンク

2019年12月28日

七つの大罪【感想】<336話> 覚醒したアーサーの魔力…!!! 世界すら変える力「混沌」とは!? 最新ネタバレ感想

週刊少年マガジン

【七つの大罪】 The Seven Deadly Sins


個人的ネタバレ感想と勝手な予測!!


2020年 週刊少年マガジン 第4号・第5号
第336話『混沌の王』より



・覚醒したアーサーの魔力…!!!
世界すら変える力「混沌」とは!?


<第336話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第336話 『混沌の王』 最新ネタバレ考察


【個人的ネタバレ・感想】

 
暗躍するマーリンの目的が、実行され…

光と闇の時代は終わり、

世界は、 「混沌の時代」 へと変わる!!

そして、その混沌の世界を統べる王として、

覚醒(復活)した アーサー!!!!


これからの アーサーの行動

世界を良くも悪くもしていくのでしょうね…。

まだ、その実感が何もない様子のアーサーですが、

今後どうなっていくのか展開が気になります。


336-17.jpg

マーリン:『 アーサー お前こそが
混沌を統べ ブリタニアを
新世界へ導く王 なのだ 』


覚醒したアーサーの魔力は、

かなり歪(いびつ)なもののようで…

世界をも変えてしまう力があるようです。

…なんというか、別漫画ですが、

ベル○ルクの「蝕」を思い出しました。



そもそも…「混沌」とは…!!?


マーリンから説明がありましたが…


魔神族すら畏れる「闇」 と、

女神族すら崇める「光」 を持つ…

不純にして 純粋なる存在



336-16.jpg

マーリン:『 その力は あまりに強大で
意志一つで この世界と様々な種族を
無から 生み出したとされる 』


魔神王最高神 をも生み出した存在…

「混沌の母」 と呼ばれている。

…違う所では 「調停者」 とも呼ばれていますね。


ホークママ …とんでもない存在です。


そういえば、前回の感想で、

「湖の巫女」のことを、完全に勘違いして…

「混沌の巫女」と記載していました。

メリオダス VS. 魔神王 で、

説明がありましたが、ソールズベリー湖には、

湖の巫女 がいたことを忘れていました。


…どうやら、マーリンと協力関係にあった巫女。

次回は、その湖の巫女から直接…

マーリンの過去 が詳細に明かされるようです。

これは、ほんとに楽しみですね!!!


次回タイトル
第337話『マーリン』 です。



「混沌」を求め続けた〈暴食〉の魔女…

マーリンの物語!!!

神々をも欺いたマーリンだけに、

その過去の内容がとても気になりますね!!!


今回も 合併号でしたので、

次回は年明けですね!!


<第336話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第336話 『混沌の王』 最新ネタバレ考察


新しく情報が入り次第更新します♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


【twitter(ツイッター)】でも更新しているので
良ければフォローしてくださると嬉しいです♪
⇒ 七つの大罪 感想 ‐無料情報局‐


スポンサーリンク


TOPページへ戻る
9-08.jpg
〜御訪問ありがとうございました♪〜